NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > JYFAについて > JYFAとは > よくある質問
JYFAについて
 
JYFAとは
中国 雲南省 雲南聯誼協会の事務所案内
中国 雲南省 雲南聯誼協会のよくある質問
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
中国雲南省 よくある質問
1.活動全般について
   なぜ発展著しい中国に支援するの?

   法人格はなんですか?


2.入会・退会に関して
   正会員と賛助会員の違いはなに?
   入会したいのですが…
   退会したいのですが…

3.教育支援活動について
   支援後の学校のケアは? 校舎をつくるだけでは意味がないのでは?
   どうして建設費用を全額出さないの?
   学校は1校あたりいくらでつくれるの?


4、企業の支援について

   企業経営しています。雲南に投資をしたいのですが…


    1.活動全般について
   
なぜ発展著しい中国に支援するの?
 多くの方がご存知のとおり、中国は、特に沿岸部の大都市でみるみる経済成長を遂げており、数字の上では中国全体が非常に豊かになっている印象が強いと思います。北京や上海などが目を見張るような発展をし続ける一方、内陸部との経済格差は広まるばかりです。
 特に、中国西南部の、ベトナム、ミャンマー、ラオスに国境を接する雲南省には、昔ながらの生活様式を守りながら暮らす25の少数民族が多く存在します。中国では国家プロジェクトとして「西部大開発」を推し進めていますが、思うようには進んでいません。国内でも、大都市の富裕層が貧困地域の教育支援をしたり、同じ雲南省の中でも都市部の市民が農村部の支援をしたりもしていますが、大きな流れにはならず、行き届かないのが現状です。
 中国の発展の陰に隠れ、これからますます雲南省への支援活動は難しくなることが予想されます。そんな時代だからこそ、協会は信念を持って引き続き活動を続けて行きたいと思っています。

法人格はなんですか?
 日本・雲南聯誼協会は特定非営利活動法人です。主な活動舞台は中国雲南省と日本ですので、国際協力NGO(非政府組織)でもあります。


    2.入会・退会に関して
   
正会員と賛助会員の違いはなに?

 正会員と賛助会員は、団体によっていろいろな意味づけがされていますが、日本・雲南聯誼協会では、正会員には「総会」での議決権があり、賛助会員には議決権がないものと定義しています。総会は東京近辺で開かれますので、それに参加することのできない遠方の方々が賛助会員として入会なさいます。協会の活動に直接参加できないかわりに、資金面でより多くの支援を……という意味合いになります。

入会したいのですが…

 当協会の活動にご賛同いただき、ありがとうございます! web上の「申込フォーム」から直接御申込いただくか、お電話、メール、ファックスでご連絡ください。
退会したいのですが…
 これまで協会にご協力をいただきまして、ありがとうございました。退会の旨、東京本部まで直接お知らせください。
    3.教育支援活動について
   
支援後の学校のケアは? 校舎をつくるだけでは意味がないのでは?
 学校建設後、5年間を目処に協会が責任を持って支援しています。基本的に学校の経営管理自体は現地の政府に任せますが、当協会スタッフが年に最低1回訪問し、運営状況の調査を行います。様々な団体、個人の協力のもと日本の小学校との交流をしたり、その他会員が現地に赴き交流会をひらいたりします。これら学校建設後の支援活動、交流活動を当協会では 「フォローアップ事業」と称しています。

どうして建設費用を全額出さないの?
 協会の方針は、学校運営を最終的に雲南省自身に任せたいとの強い気持ちがあります。日本側と雲南側で建設費を折半することで地元の政府も学校運営に真剣に取り組みます。地元に根ざした本当に必要な小学校を存続させるための配慮です。

学校は1校あたりいくらでつくれるの?
 雲南省の各地域の状況にもよるので一概には言えませんが、総建設費の1/3〜1/2を支援する場合、200万円〜300万円が必要です。総費用としては400万円〜600万円程度(2〜3階建ての9教室程度の校舎)です。
    4.企業の支援について
   
企業経営していますが、雲南に投資をしたいのですが…
 当協会では、企業間交流や雲南省側との連絡を請け負います。詳しくは事務局にお問い合わせください。
過去の実績はこちらから >>


※協会では随時、皆さまからの質問をお待ちしております!
   
 
 
  PAGE TOP  
  個人情報保護について   サイトマップ お問い合わせ  
 
更新日: 2015年7月17日 17:30
copyright