NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > 支援の方法 > ボランティアをする > ボランティア体験記 > イベントスタッフ体験記
サポート方法
 
入会案内
ボランティア
登録フォーム
寄付する
募金箱を置く
 
ボランティア
    イベントスタッフ体験記
2006年9月30日、東京日比谷公園で開催された「グローバルフェスタJAPAN2006」、10月1日に東京きゅりあんで行われた「世界へ未来へフェスティバル」でイベントスタッフとして活躍した皆さんの体験談をご紹介します。

■近藤釼一さんの体験談

先日のグローバル・フェスタでは、お世話になりました。
ありがとうございました。また、ご苦労様でした。
30日のみの参加でしたが、とても楽しく充実した気分になれた一日でした。
熱心に話を聴いてくださる方がたくさんテントを訪ねてくださり、やりがいがありました。

今年は、1テント丸ごと占有でき、見た目にも実際にも余裕が感じられました。活動紹介のパネルが新しくなり、見やすく、また説明もしやすかったです。手作りのトンパ文字紹介冊子は、お客さまに好評でしたし、われわれの側にとっても、 説明の際のよい手引きになりました。

個人的なことですが、トンパ文字タンブラーが5個も売れたことがうれしかったです。ペアで買ってくれたカップルもいました。 事務所に置いてもらってたものも、すべて売れていると聞いて、次を造ろうという気になりました。

2006.10.05
頓首 近藤 釼一 拝

■岡隆史さんの体験談

私は土曜日にはNGOの祭典である「グローバルフェスタ」、そして、日曜日には平和と海外貢献に関連した団体の集会「世界へ未来へフェスティバル」の両方に雲南聯誼協会のボランティアの一人として参加させて頂きました。

我々のブースでは雲南省の人たちが作ってくれた小物やバッグなどを販売したり、協会の活動の説明などをしました。さらに、「過橋米線」という雲南省の代表的な麺料理を専門店から提供していただき展示しました。
学園祭を思い出すような和気あいあいとした雰囲気の中で、僕たちボランティアやスタッフみんなが楽しく参加することが出来て素晴らしかったです。
また、特に印象に残っているのは会場に来ていただいた方々が旅行経験が豊富だったり、目的意識を持っていたりと話をしていて楽しかったことです。

是非次回のボランティア活動も参加したいと思います。

2006.10.04 岡隆史

■孫崇君さんの体験談

前日に、自分でもうまくできるのかなと思って、少し不安でしたが、当日に現場でみんなの優しい笑顔に囲まれて、不安の気持ちすぐなくなりました!
店舗の布置から、片付けまでやって、まるで自分の子供を育つように、少しずつの楽しさを感じました。(笑)
そして、七田さん、狩野さん以外のほかのボランティアさんと理事長に会って、いろいろを話して、本当に本当に参加して よかったと思いました!

二日間、あっという間でしたね!もっとみなさんと一緒にいたかったです。
今回のイベントを通して、雲南についてもう少し詳しくなりました!

これからもいろいろのイベントに参加したいです。

2006.10.06 孫崇君

民族衣装を着てお客さんと一緒に
世界へ未来へフェスティバル
民族衣装を着たスタッフと一緒に
笑い声の絶えないテントでした




   
 
 
  PAGE TOP  
  個人情報保護について   サイトマップ お問い合わせ  
 
更新日: 2008年11月27日 14:37
copyright