NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > 交流活動 > 2003年 > 小さな夢〜雲南の学生と交流を〜
JYFAの活動
 
交流活動
 
医療支援
文化支援
民族文化支援
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
JYFAについて
    小さな夢〜雲南の学生と交流を〜

小さな夢

雲南省玉渓市華培外国語学校勤務 那須英人

 初めまして、雲南聯誼協会の会員の那須英人です。雲南省に魅せられてもう2年ほど滞在しています。現在日本に帰国していまして12月7日にまた雲南に戻る予定です。実は今回の帰国の目的は雲南と日本の学校の交流、両国の子ども達が交流できるような機会を日本で作ることです。
 私は雲南省の省都昆明市から車で一時間ほど離れた町、玉渓市の私立華培外国語学校(12年一貫教育)で日本語を教えています。この学校は雲南省で初めて日本語専門クラスを開設することに成功しました。生徒は一週間に7時間ほど日本語を必修科目として、日本語学科、または日本の大学に入学するために熱心に勉強していています。

 生徒たちは日本語を勉強して3ヶ月ほど経ちました、最近私は生徒たちから‘ぜひ日本の学生と交流したいのですが’‘日本はどういう国なのですか’という声をよく聞くようになりました。彼らにとって日本という国は未知の国です。雲南省では日本の事情を知ることができる情報源はほとんどないので、彼らは日本のアニメや音楽から日本を想像するしかありません。
 雲南の子供達が若いときに日本に行き日本人と交流をすることは、彼らにとっても私たち日本人にとっても将来的にとても有意義なことになると思います。
 私は今生徒たちのその‘小さな夢’に応えるべく日本に帰国して、雲南の学生との交流に関心のある日本の学校を探しているところです。雲南の学生との交流を通して日本人が学ぶことも沢山あると思います。
 中国の学生との交流に興味がある団体、学校、方々がございましたら連絡のほうお待ちしておりますので、どうかご理解とご協力の程宜しくお願い致します。

ご興味をもたれた方、詳しいお話をお聞きしたい方は、協会事務局までご連絡下さい。

<<< 次の記事へ
  前の記事 >>>
   
 
 
          PAGE TOP  
  更新日: 2008年11月27日 14:44 copyright