NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > 交流活動 > 2008年 > 高知高専「星瞬祭」で募金活動
JYFAの活動
 
交流活動
 
医療支援
文化支援
民族文化支援
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
JYFAについて
    高知高専「星瞬祭」で募金活動

 高知空港のすぐそばにある高知工業高等専門学校とは、この学校の教員で、かつ当協会会員でもある高野弘先生とのご縁で、お付き合いが始まりました。そして昨年に引き続き、また今年も、学園祭で当協会の紹介や募金活動をしてくださいました。高野先生から当日の様子を伺いましたので、お知らせします。

 今日は! 高知高専アースディ(地球の日)部から学園祭「星瞬祭」(11月1日、2日)の報告です。
 アースディ部と高知高専の誕生日は偶然ですが、同じ日(4月22日)です。 アースディ部では校内花植え、物部川堤防や海岸の清掃活動などのボランティア活動に加えて、昨年度から、学園祭で日本・雲南聯誼協会の活動紹介や募金活動を行っています。
 今年は、「留学生とのコラボスペース」という企画で、留学生の本国(6ヶ国)と雲南省の紹介を行いました。協会から提供して頂いた民族衣装とマレーシア留学生の衣装の展示・試着会、協会紹介DVD放映や6ヶ国の挨拶比較、トンパ文字紹介、協会HPの写真集展示等々に加えて、学生会・校友会・アースディ部合同のバザーを開催して、売り上げの3分の1を協会への寄付金として頂くことができました。会場での募金と合わせて合計3万円を、12月2日に東京本部に届けさせて頂きました。
 年に1度だけの支援活動ですが、大切に継続させて行きたいと思います。  協会から色々と便宜を図って頂きましたことに感謝いたします。今後共宜しくお願いします。
                  (高知工業高等専門学校 高野 弘)

雲南省の子どもたちの笑顔は
来場者の心を惹き付けました
協会関連グッズも展示
左端は民族楽器のフルスです
展示を見る高校生たち
左は留学生でしょうか?
募金して下さった方々
ありがとうございました
独龍族の民族衣装
かっこよく決まってますね!



<<< 次の記事
  前の記事 >>>
   
 
 
          PAGE TOP  
  更新日: 2010年2月19日 21:06 copyright