NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > 交流活動 >  2009年 > 女子留学生日本語弁論大会
JYFAの活動
 
交流活動
 
医療支援
文化支援
民族文化支援
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
イベント情報
    女子留学生日本語弁論大会――初鹿野理事長、審査員を務める

今回出場した留学生の皆さん
優勝者と初鹿野理事長(右)

 10月17日土曜日、東京都新宿区で行われた「女子留学生日本語弁論大会」東京中央大会に、当協会の初鹿野理事長が審査員として参加致しました。同大会は、日本で学ぶ女子留学生を支援する国連NGO世界平和女性連合が更なる支援と交流の輪を広げる為に1997年より開催しています。13回目となる今年の東京中央大会では、7人の女子留学生が弁論を競いました。関係者によると参加者の水準は年々上がっており、そのスピーチのレベルの高さには、初鹿野理事長もただただ目を見張るばかりであったとのこと。今回その超高水準の接戦を制したのは、早稲田大学修士課程1年の中国人留学生・熊瑋さん。今後熊瑋さんは、全国大会で各地方大会の優勝者と競うことになります。今度は日本一を目指して是非頑張ってくださいね!
 

<<< 次の記事   前の記事 >>>
   
 
 
          PAGE TOP  
  更新日: 2010年2月19日 21:02 copyright