NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > 交流活動 > 2013年 > 中国大使館の国際婦人デー記念パーティーに職員が初参加
JYFAの活動
 
交流活動
 
医療支援
文化支援
民族文化支援
 
雲南少数民族写真展「笑顔を君に」
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
イベント情報
    中国大使館の国際婦人デー記念パーティーに職員が初参加

 毎年恒例となっている中国大使館の国際婦人デー記念パーティー。今年も安倍首相夫人昭恵さんをはじめ、日本各界や在日華僑・華人を代表する女性、それに大使館の女性外交官合わせて400名ほどが参加し、盛大に行われました。当協会の初鹿野理事長も毎年ご招待を受け出席していましたが、今年は生憎の急用で、名代として職員が初めての参加を果たしました。

 大使館の門をくぐると、日中両国語を巧に操る活気あふれる女性たちの姿が目に入って来ました。政治家、またそのご夫人、芸能関係の方など各界で活躍される女性が集うこのような会に、協会の代表として初鹿野惠蘭理事長が本年もお招きを受けたことは、大変光栄なことだと感じるとともに、日中関係は順風満帆とは言えない今、様々な分野で活躍する女性たちが両国の友好的な関係の為に地道な活動を続けているという事実に胸を打たれました。そして、汪婉中国大使夫人、安倍昭恵首相夫人のご挨拶にもあったように、社会で活躍する女性同士が手を取り合って行動を続けることで、日中両国の関係は少しずつあるべき姿に戻っていくのだろうと強く感じました。

 また今回、日頃から協会の活動に多大なるご協力を頂いている大使館領事部の劉亜明総領事に直接お礼を申し上げることができました。「協会へのご支持とご協力に感謝致します」と拙い中国語でしどろもどろ話す私を、秘書である関妍さんと共に温かい笑顔で歓迎して下さったことに心から感謝しています。

 このよう素晴らしい機会を下さった中国大使館の皆様、そして領事部の皆様に、これからも日本と雲南の未来を担う子どもたちの為に活動を続けていくことをひっそりと心の中で誓いました。
(東京本部事務局 蔦宮子)


 

国際婦人デー 国際婦人デー
安倍昭恵首相夫人よりご挨拶。
いつもお世話になっています。
劉亜明総領事(中央)と関妍さん(左)
国際婦人デー 国際婦人デー
呉汝俊さんによる京胡の演奏。
京胡は二胡よりも更に小さく高い音が出ます
汪婉中国大使夫人。
このパーティーの主催者です。

国際婦人デーとは…1904年3月8日にニューヨークで女性労働者が婦人参政権を要求してデモを起こしたことに端を発し、1910年にコペンハーゲンで行なわれた国際社会主義者会議が「女性の政治的自由と平等のためにたたかう」記念の日とするよう提唱。そして1975年(国際婦人年)の3月8日以来、国連がこの日を「国際婦人デー」とすると定めました。中国では「三八婦女節」と呼ばれ、この日は女性だけにゆるされる祝日となります。



<<< 次の記事 前の記事 >>>
   
 
 
          PAGE TOP  
  更新日: 2013年8月8日 15:17 copyright