NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > 交流活動 > 2005年 > 5周年チャリティー忘年会
JYFAの活動
 
交流活動
 
医療支援
文化支援
民族文化支援
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
イベント情報
    5周年チャリティー忘年会

 2005年11月20日(日)、日本・雲南聯誼協会の2005年度忘年会を開催いたしました。今年は5周年のお祝いとあわせて行いました。100名を超える沢山の方が出席してくださりとても賑やかな会となりました。2000年に発足して以来駆け足で活動してきた聯誼協会を代表して初鹿野理事長が設立当時の思い出を交えながら挨拶をするなど、終始とても温かな雰囲気でした。


初鹿野恵蘭理事長の挨拶から忘年会が始まりました

  チャリティー企画「第7校目小学校にバスケットコートを!」寄付金額は、293,787円になりました。参加して下さった皆様、またご寄付をお寄せくださった皆様ありがとうございます。大切に使わせていただきます。企画の進展状況など、追って報告させていただきます。また会場外で行ったチャリティーバザー売上げは過去最高の75,383円になりました。

  忘年会の席では中国大使館一等書記官参事官である李放鳴様、聯誼協会専務理事の杉谷隆志様から挨拶を頂きました。また、当協会顧問の片岡巖理事からはスピーチと乾杯の音頭をとっていただきました。倪 道軍様も中国大使館代表として御来場下さりました。またNPO法人天真会 会長の青木宏之様、京王プラザホテル椛樺k役 多村繁樹様からもお言葉を頂きましたこと、誠に有難うございました。また、中締めの挨拶をしてくださった遠藤功雄様、有難うございました。5周年の会の閉めに相応しい素晴らしいスピーチでした。



中国大使館書記官の李放鳴様からは、日中関係の事などとても建設的な意見を交えた挨拶を頂きました

杉谷隆志先生も素晴らしいスピーチを
して下さいました


片岡巖顧問は乾杯の音頭と共に、ユーモアを交えて5周年のお祝いをのべて下さいました

株式会社サイサン代表取締役会長である川本宜彦様も駆けつけてくださいました

  加えてアトラクションの部では、まず協会会員の高山千代美様が美しいソプラノの歌声で会場を盛り上げてくださいました。その次には、張勇様が二胡を演奏してくださいました。どこまでものびやかに広がる二胡の音に、会場はしん、と静まりかえってききほれました。

 最後に、忘年会を準備するにあたって、多大なご協力を賜りましたことをここで御礼申し上げます。快く司会を引き受けてくださった中村有里子理事・会員の近藤釼一様、有難うございました。当日会場のお花を生けてくださった青木悦子様、素敵なアレンジを有難うございました。そして最後に、技術評論社様には実に最初から最後まで様々な面から大きなご協力・ご支援をいただきました。心よりお礼申し上げます。

 賑やかな忘年会の様子は、写真1写真2をご覧ください。



協会会員の東郷浩様と、忘年会開催に多大な協力をしてくださった
葛梔、プラザホテル相談役 多村繁樹様、
宴会サービス部長の磯部様

<<< 次の記事
  前の記事 >>>
   
 
 
          PAGE TOP  
  更新日: 2008年1月8日 15:38 copyright