NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > 交流活動 > 2006年 > 第6回定時総会
JYFAの活動
 
交流活動
 
医療支援
文化支援
民族文化支援
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
イベント情報
    第6回定時総会

総会には総勢25名もの方々が集まりました

 2006年6月24日(土)、皆さまのおかげで第6回定時総会が無事終了いたしました。当日八王子の会場には、午前10時と早い時間であったにもかかわらず、役員・顧問、協会会員、事務局スタッフ、ボランティア、総勢25名の方々が駆けつけてくださいました。

 まず最初に杉谷隆志専務理事から開会の挨拶がありました。杉谷理事はこれからもっと若い人たちが活躍する場を増やしてゆきたい、その時には経験ある年配の人たちが彼らをサポートしてゆく必要があると語りました。
 続いて初鹿野恵蘭理事長から挨拶がありました。協会が進めている教育支援活動や学校建設プロジェクトが順調に進んでいるのは会員、ボランティア、支援者の皆さまの協力があったからこそ、そして今後さらに活動を盛り上げてゆくには皆さまの協力が必要不可欠であると語りました。またNPOの本質は「市民が参加し、活動するための場」とし、今後、もっと市民の方々が参加してくれる場にできればと述べられました。


杉谷隆志理事から開会の言葉

初鹿野理事長からの挨拶

小山久子理事を議長として
総会が開催されました
大鷲修平理事から
昨年度会計報告がありました

 総会の合間には、東郷浩会員から寄付金についての意見が出される場面もあり、今後役員で議論してゆくことが決定しました。
 最後に、唐澤英安理事から閉会の挨拶があり、今年度内、九州支部設立を目指しての意気込みを語ってくださいました。

東郷浩会員からは寄付金に関しての意見が出されました

今回の代表者挨拶を務>め今回の今許かただい た唐澤理事

 総会後には、初鹿野理事長から「協会のために力を尽くしてくれている会員、ボランティア一人ひとりに、教育支援活動に対する意気込みや、雲南への思いを語ってほしい」と促す場面もありました。当日集まった会員、ボランティア、事務局スタッフはそれぞれの思いを語り、会場は笑いや拍手で包まれ、今までとはまた違う賑やかなものとなりました。


真砂泉会員は長野県から
足を運んでくださいました

雲南省の写真展を開かれたこともある鎌倉の森睦夫会員

いつも協会の活動を助けてくださる
糸山敏和会員

雲南でダンスによる交流をしたいと
柴崎美保会員

ボランティア・会員の張萌さん


以前事務局でアルバイトをしていた
田中貞明会員
ボランティア小山さん
ボランティア・会員の
小山厳太さん
事務局スタッフ
左から事務局スタッフ狩野、七田
初鹿野理事長

ご出席くださった皆さま、ありがとうございました。

懇親会 懇親会
総会後の懇親会で、無事終了を祝って乾杯!

【出席者(順不同)】初鹿野恵蘭理事長、杉谷隆志専務理事、中村有里子理事、初鹿野薫理事、遠藤功理事、大鷲修平理事、唐澤英安理事、桂正則理事、村松健児監事、佃純誠監事、小山久子顧問、初鹿野仁様・糸山敏和様・岡本俊子様・森睦夫様・東郷浩様・真砂泉様・柴崎美保様・田中貞明様(協会会員)、能見様、小山厳太様・張萌様・歌川隆介様(協会会員兼ボランティア)、事務局スタッフ(七田・狩野)



<<< 次の記事
  前の記事 >>>
   
 
 
          PAGE TOP  
  更新日: 2008年1月8日 15:39 copyright