NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > 交流活動 > 2007年 > 会員が初挑戦! 全員一丸となっての会報発送作業
JYFAの活動
 
交流活動
 
医療支援
文化支援
民族文化支援
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
イベント情報
    会員が初挑戦! 全員一丸となっての会報発送作業


 2007年1月17日(水)、年に5回発行している会報「彩雲の南」最新号が完成し、東京事務局にて発行作業が行われました。

 いつもはボランティアにお願いしている作業ですが、今回は都合がつかず、急遽、協会会員の皆さんに発送作業のお願いをすることとなりました。こうした作業を会員の方にお願いするのは初めてで、どれぐらい集まってくれるだろうと不安もありました。ですが、募集メールを読んだ会員からはすぐに「手伝うよ」「顔を出すよ」という温かいお返事をいただき、あっという間に定員の6名が集まりました。

 
楽しい話で場を盛り上げてくれました
左から小出和夫さん、安達武史さん
 
雲南出身の陸欣妍さん(右)もベテランたちに混じって頑張りました
 
会報発送作業の達人・小山功さん
三つ折りの腕は抜群です
 
てきぱきと正確な作業はお手のもの
近藤和馬さん

 当日、初顔合わせとなる会員6名は、初めての作業にもかかわらず、次々と案を出し合い、賑やかに作業を進めてゆきました。6名の助太刀の力は大変大きく、4時半には全ての作業が完了しました。

 
一枚一枚切手を貼ってゆきます
左は麻野久美さん 
 
会報発送作業
お疲れさまでした!

 いつでも手伝いに来るよ、と会員の皆さん。協会の活動がいかに会員によって支えられているのかを改めて痛感し、また今後はもっと会員が自ら参加できる活動の場を増やしてゆきたいと決意する一日でした。
 突然の召集にもかかわらず、快く集まってくださった皆さん、またご一考くださった会員の皆さん、ありがとうございました!


【ご参加くださった皆さん(敬称略)】
麻野久美(会員)、安達武史(会員)、小出和夫(会員)、小山功(会員)、近藤和馬(会員)、陸欣妍(会員・ボランティア)




<<< 次の記事へ
 
   
 
 
          PAGE TOP  
  更新日: 2009年1月23日 16:41 copyright