NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > 交流活動 > 2007年 > 広がる国際友好の輪 やる気と情熱を胸に、国内初の大宮支部発足
JYFAの活動
 
交流活動
 
医療支援
文化支援
民族文化支援
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
イベント情報
    広がる国際友好の輪 やる気と情熱を胸に、国内初の大宮支部発足

 2007年5月3日(木)、ゴールデンウィークで賑わう埼玉県大宮市で、協会「大宮支部」発足懇親会を開きました。

 協会設立から七年、東京本部、雲南昆明支部を中心に活動を続けてきましたが、会員の皆さんから「日本国内でも支部を」という声がたびたび上がっていました。先日、会員の皆さんにお願いしたアンケートの、「支部長を引き受けていただけますか」という欄にも、20名以上の方から「引き受けます」という嬉しいお返事があり、その流れを受けて、このたび協会初の日本支部「大宮支部」を設立する運びとなりました。
 大宮支部長を引き受けてくださる寺内明子(雲南省出身。中国名は羅ケイ明)さんは、協会設立当初から、献身的に活動を支えてくださっていた協会会員の方です。今後、羅支部長を中心とした埼玉、大宮の皆さんとともに、国際友好の輪を広げてゆけたらと期待しています。

 
発足懇親会には23名もの方々が集まり、団結を深めました

 上尾第一ホテル玄貴楼で開催した発足懇親会では、羅支部長はじめ、雲南大好きの埼玉会員やボランティアの皆さん23名が集まりました。東京本部からも初鹿野恵蘭理事長、初鹿野薫理事、スタッフ七田が、その賑やかな席に参列しました。
 集まった皆さんからは、大宮支部を盛り上げてゆこう!と頼もしい声が上がっています。協会ではこれからも、会員中心に、地道で活気溢れた支部を日本各地に発足してゆきたいと考えています。

【大宮支部発足会参列者の皆さん(敬称略・順不同)】
寺内明子(大宮支部長)、寺内憲一、佐伯義博、山中興次郎・圭子、宇佐美登司子、渡辺端、服部恵美子、丸田智代、市川由美子、星野京子、松尾ユイ、川口幸二、古川文絵、鳥羽清弘、平林知人、初鹿野薫・道子、初鹿野仁、李穎、吉村洋次、遠間菜津子、初鹿野恵蘭(理事長)、七田怜(スタッフ)


    大宮支部初の大仕事は「国際フェア2007」への出展

また5月3、4日には、さいたま市土呂で行われた「国際友好フェア2007」に大宮支部として初出展をしました。
世界各国から、68ものブースが出展。炎天下の中、沢山の来客がありました。第一日目には会員の方々も応援に駆けつけ、雲南テント内は大いに活気づいたようです。
「大きな成果があった」と、大宮支部を代表して、埼玉会員の鳥羽清弘さん。大宮支部の皆さん、今後もよろしくお願いします!

 
大宮支部として、初めて「国際フェア2007」に出展
有志としては昨年に引き続き、二度目の参加となります
 
ブースは炎天下にもかかわらず
大変な賑わいでした
 
埼玉の雲南好きの皆さん、一(イー)、二(アル)、三(サン)!

【当日ボランティアの皆さん(敬称略・順不同)】
寺内明子(大宮支部長)、寺内憲一、鳥羽清弘、市川由美子、川口幸二、大野由美子、古川文絵、星野京子、松尾ユイ、吉田佑伊、初鹿野恵蘭(理事長)、七田怜(スタッフ)

<<< 次の記事へ
 
   
 
 
          PAGE TOP  
  更新日: 2008年7月11日 15:02 copyright