NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > 交流活動 > 2007年 > 一年の感謝と再びの感動を… 第七回チャリティ忘年会 大盛会
JYFAの活動
 
交流活動
 
医療支援
文化支援
民族文化支援
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
イベント情報
    一年の感謝と再びの感動を… 第七回チャリティ忘年会 大盛会

 2007年12月21日、毎年恒例「第七回チャリティ忘年会」が、大盛況のうちに、無事閉幕いたしました。
 会場は、サッポロホールディングス株式会社 岩間辰志名誉顧問(協会顧問)のご紹介で、東京恵比寿ガーデンプレイス内にあるお洒落なバー「ビアステーション恵比寿」。当日は、予定を上回って90名以上の方々にご参加いただき、会場は賑やかな笑い声に包まれました。

 忘年会は、片岡巖協会顧問の開会の挨拶で開幕。11月に片岡顧問ご自身も参加した「支援第16校目巴坡小学校開校式(怒江リス族自治州独龍江)」の珍道中を、ユーモアたっぷりに語ってくださいました。
 続いて、協会を代表し、初鹿野惠蘭理事長から皆さまへ、一年間のご協力に対する感謝が述べられました。協会を陰ながら支える役員顧問を紹介する場面もあり、会場からは温かな拍手をいただきました。
 ご来賓のご挨拶では、日本財団 大野修一常務理事から、6月にシャングリラで開校を迎えた「支援第13校目共卓小学校」、「第14校目阿央谷小学校」(日本財団アジア教育友好事業資金協力)に参加しての感想が語られました。

 
片岡巖顧問より開会の挨拶
会場から笑い声が上がります

会場には90名以上の会員・支援者・ボランティアの皆さんが大集結!
 
初鹿野理事長からは役員顧問を
一人ひとり紹介する場面も
 
日本財団・大野修一常務理事から
ご来賓のご挨拶をいただきました

 そして今回は、過去7年間を振りかえり、当協会「50の小学校プロジェクト」学校建設資金として大口のご寄付をいただいた皆さまへ、せめてもの感謝の気持ちを伝えたく、感謝状の贈呈式を行ないました。
 本来ならば、会員、支援者の皆さま全員にお渡しすべきところですが、当日ご出席いただいた5名の方に、代表して感謝状を受け取っていただきました。協会をいつも温かく支えてくださっている会員、支援者、ボランティアの皆さまに対しましても、この場を借りて、改めて御礼申しあげたく思います。

 
支援第2校目小学校資金協力者
中村有里子理事


支援第5、9、11校目小学校
資金協力者・NPO法人天真会
青木宏之理事長、他皆さま
 
支援第6校目小学校資金協力者
JR貨物労組様に代わって
JR東海労・萩原光廣委員長

 
支援第10校目小学校資金協力者
樋口忠治協会顧問
また支援第15校目小学校資金協力の西部ガス株式会社様の代理として
 
支援第12校目小学校資金協力者
北原茂実協会理事


日頃から協会の活動を多方面から支えてくださっている株式会社技術評論社
片岡巖社長(協会顧問)
 
エビスビールを片手に乾杯の音頭
岩間辰志協会顧問

「乾杯!」の掛け声とともにいよいよ賑やかな歓談の時間が始まります
 
11月の開校式ふれあいの旅参加者が
再会する場面もありました。左から杉谷専務理事、会員の真砂さん

会員同士で交流も弾みます!
左から法人会員・完壽堂の高山さん
会員の東郷さん

 恵比寿ならでは、美味しいエビスビールを片手に、岩間顧問より乾杯の音頭をいただきます。大きな掛け声とともに、ジョッキを鳴らす音が会場いっぱいに弾け、楽しい歓談の時間が始まりました。

 例年、閉会が遅れがちな忘年会ですが、今年はなんと、その後のアトラクションが盛り上がりに盛り上がり、1時間半の延長となってしまいました。11月に開校を迎えたばかりの第16校目巴坡小学校のVTRを交えたスライドショーのほか、恒例のビンゴゲーム大会では、雲南省と縁のある景品や、法人会員ご提供の景品の数々を大放出! チベット族の衣裳を見事に着こなした会員の峰尾勝美さんによる司会のもと、次々と「ビンゴ!」の声が上がり、会場の空気は一気に加熱しました。

 
左から唐澤理事、アシストエース株式会社帯川明良さん、初鹿野理事長、雲南懇話会前田栄三さん、小林尚礼さん
ビンゴ進行係は会員の峰尾さん
さあいよいよビンゴ大会スタート!
「お目当ての景品は取れるかな!?」
 
ビンゴカードを手に
皆さん真剣そのもの

ビンゴアシストの塚本さん(右)
次々と数字が読み上げられてゆきます
 
ビンゴ1人目はNPO天真会の
吉田さん 京劇隈取りセットをゲット
 
「やったね〜!」
片岡顧問と、会員の近藤さん
 
ただいまビンゴ待ちです…
早く目当ての数字が出ますように
 
興学社の町田さん、明さん
どきどきのリーチです…!
 
「ビンゴ!!」
 
こちらも「ビンゴ!!」
 
景品受け取り済みの方は悠々乾杯
一迫さんと会員の佐伯さん

 
なんとクアドラプル(四重)リーチ
ビンゴの道は近いようで遠いです…

 続いて、会員の丁勇軍さんによる花腰イ族の伝統舞踊講座では、煙盒という手持ちの太鼓を指で鳴らしながら、全員が一丸となって華麗なステップを刻みました。

 
さあ準備はいいですか!?
赤い太鼓を両手に持って全員起立!

指南役の丁さんの華麗なステップに
スタッフは圧倒されっぱなし
 
ポーズが決まってますね! 左から雲南懇話会前田さん、会員の近藤さん
 
岩間顧問はちょっぴり阿波踊り風に
アレンジしてみました?

  当日ボランティアとしてもご活躍いただいた安達武史さんは、後日、「雲南省少数民族の子供たちへの教育支援という共通目標を掲げる皆さん、大いに話が弾みましたね」と、メールで感想をくださいました。初参加の方も多かったのですが、最後には、まるで昔からの知り合いのように打ち解けあい、全員が再会の約束をしていました。
 話も尽きぬ中、北原茂実理事の中締めの挨拶で、忘年会は大盛況のうちに閉幕。長い時間お引き留めしてしまいましたが、皆さまからは「楽しかった!」「また来たいです」と感激の言葉をいただくことができました。忘年会という一年一回の大イベントを通じ、結束をより強めることができたのではないでしょうか。

 
協会の長老・杉谷隆志専務理事のサプライズお誕生日会
杉谷先生、傘寿おめでとうございます!

 
ご来賓のスリランカのご住職
ダンミッサラさんから
温かい応援の言葉をいただきました
 
宴もたけなわですが中締めのご挨拶
北原茂実協会理事から

 
最後は協会イベント時の恒例
関東一本締め!よぉ〜!(パンッ)
 
皆さま、2007年のご支援
ありがとうございました!


 また、毎年のチャリティ忘年会として、今年も会費6,500円のうち、1,000円を教育支援金として皆さまにご寄付いただきました。皆さま、温かいご協力ありがとうございます!

 最後に、忘年会準備にあたって、以下の方々に多大なるご協力を賜りましたことをご報告します。短期間での事前準備に続き、当日も、ほとんど食事の時間が取れない中、ボランティアが大活躍をしてくださいました。皆さんのご協力がなければ、忘年会のこの成功もなかったと思います。
 なお記事に掲載している写真は、会員として、またボランティアとしても大活躍の小野保さんに撮影いただいたものです。素晴らしい写真をありがとうございました!

 
司会の中村有里子理事も大活躍!
「忘年会はいかがでしたか?」
 
最後まで後片付けを手伝ってくださったボランティアの皆さんとスタッフ

【ご協力(敬称略)】
株式会社 技術評論社
サッポロホールディングス 株式会社
JR東海労
株式会社DNP映像センター / 地球映像ネットワーク

【当日ボランティア(敬称略)】

中村有里子理事(司会)、峰尾勝美(ビンゴ進行)
丁勇軍(花腰イ族の踊り指南)
小野保(カメラ撮影)
佐々木坤彪、高山千代美、吉村周吾、安達武史、安達知子、塚本博久、鈴木健博、小林尚礼、初鹿野仁、初鹿野薫理事、初鹿野惠蘭理事長、狩野千尋・清野久美子(東京本部)

【事前準備ボランティア(敬称略)】

安達武史(パワーポイント作成)、吉村周吾(VTR作成)、狩野信子、小出和夫、小林朋子、星野悠哉

【ビンゴゲーム景品協力者】
シルクのスカーフ(NPO法人 21世紀のカンボジアを支援する会
中国の岩塩(株式会社ウエストン様
純粋田七(日本ケイエム交易株式会社様
手動ラジオ&懐中電灯(アシストエース株式会社様
八王子高尾山のお守り(峰尾勝美様)他


<<< 2008年の記事へ
 
   
 
 
          PAGE TOP  
  更新日: 2011年1月13日 19:24 copyright