NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > 交流活動 > 2008年 > 第四回雲南省教育支援チャリティーゴルフコンペ
JYFAの活動
 
交流活動
 
医療支援
文化支援
民族文化支援
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
JYFAについて
    〜第四回雲南省教育支援チャリティーゴルフコンペ〜 

 2008年9月6日(土)、山梨県のオリムピックカントリークラブにて、オリムピックカントリークラブ、東京たまがわロータリークラブのご協賛にて、「第四回雲南省教育支援チャリティーゴルフコンペ」が開催され、大盛況のうちに終了いたしました。

 当日は、朝方少々曇りがちでしたが、徐々に陽が射してくる絶好のお天気。しかし、スタッフやボランティア、関係役員の皆さんがゴルフ場に到着すると、中央自動車道でトラック2台による衝突事故がおこったとのニュースが入り、一同緊張に包まれました。

 参加者の方は会場を目指して、中には4時間かかっても、なお諦めずに来てくださった方もいらっしゃいましたが、4人1組のメンバーが全て揃うのにはかなりの時間がかかりそうとの判断で、急遽チームを組みなおして、開始時間を遅らせることになりました。

 ここで活躍してくださったのは、遠藤功協会理事と東郷浩顧問。頭をひねりながら、新しい組み合わせを考え出してくれました。最終的な参加者は予定120名中115名。アクシデントにも関わらずたくさんの方がご参加くださって、本当に感激しました。

広々として緑が美しい
オリムピックカントリークラブ
民族衣装を着てお出迎えしました
参加者の方の受付風景
プレーの組み合わせを 急遽変更
三人寄れば文殊の知恵!

 各コースでは、今回もチャリティホールを行いました。本来は、ペナルティとして募金していただくのですが、ペナルティのない方まで募金してくださったのはとてもうれしかったです。スタッフやボランティアが民族衣装を着て、募金箱を持って待機していましたが、じりじりと照りつけるお日様にちょっとぐったりでした。

 その頃、受付を終えたスタッフやボランティアは、参加者の方々の休憩室と懇親会会場の設営に大わらわ。前もっていただいたご寄付の品々に加え、当日もたくさんのお品物をいただき、それをコンペの表彰用に順位別に分けていきます。また、オークション用の商品にもそれぞれ最低価格をつけます。

 休憩室には、サッポロホールディングス株式会社様からご提供いただいたドリンクを冷やして準備し、テーブルの上には協会のパンフレットや活動紹介のパネル、雲南省の民芸品などを並べました。
 また懇親会場でも、準備が着々と進んでいました。

ナイスショーット!!
オンしたかな〜?
チャリティーホールは
とてもなごやかな雰囲気でした
 
休憩室でひと休みされる皆様
プレー後の一杯は格別ですね!
皆さん、盛り上がってます!
巾着袋や魚の形のポーチが
大人気でした
いただいたご寄付の数々
懇親会会場のレストランに
飾り付けをします
 
 16時半ごろから、プレーを終えた皆さんが休憩室に集まり始めました。お飲み物を飲みながらくつろいだ雰囲気の中、民芸品が思いがけずどんどん売れ出し、対応が追いつかないくらいでした。お買い上げ下さった方々、どうもありがとうございました!

 18時に会場をレストランに移し、懇親会と表彰式が始まりました。懇親会の開始が遅くなったにも関わらず、ゴルフにご参加下さった方々はほとんど残って出席して下さり、会場は熱気に包まれてました。

 まず、主催者として、初鹿野恵蘭理事長、東京たまがわロータリークラブ三木秀隆会長がご挨拶をし、また会場となったオリムピックカントリークラブの大久保雄之介支配人からもお言葉をいただきました。続いて、乾杯のご発声を、サッポロホールディングス株式会社名誉顧問 岩間辰志協会顧問にお願いし、会食となりました。
   
懇親会が始まり
熱気にあふれる会場
司会担当の中村協会理事(左)と
ボランティアのNORINE (のりね)さん
初鹿野理事長よりご挨拶 東京たまがわロータリークラブ
三木秀隆会長
オリムピックカントリークラブ
大久保雄之介支配人
サッポロホールディングス株式会社
名誉顧問 岩間辰志協会顧問

 そしていよいよ、メインイベントのオークションです。こちらの司会は、東京たまがわロータリークラブの牧田正之パスト会長が担当して下さいました。

 商品には、有名スポーツ用品会社のゴルフバックやプロゴルファーのサイン入り帽子、パターなど魅力的なものばかり。牧田パスト会長の流れるような案内で、皆さん次々と競り落としていかれます。最後には雲南省の特産、プーアル茶や雲南省白族を描いた藍染の貴重な掛け軸などもオークションにかけられました。お陰さまで商品はどれも完売!本当にありがとうございました!

 続いて、表彰式です。順位の発表と共に、参加者全員に賞品が手渡されます。皆様の活躍に、惜しみない拍手が送られていました。ちなみに、今回の優勝者は馬場弘行さんです。おめでとうございました!

オークションを担当してくださった
牧田正之さん(写真中央)
雲南省特産プーアル茶です!
効能を説明する中村理事
ゴルフセットをご購入
きっといいスコアがでますよ!
ニアピン賞の藤原健次さん
翡翠の入った壁掛け
ぜひお宅に飾ってくださいね
コンペの表彰を受ける皆さん
馬場弘行さんの代理の方に
優勝賞品をお渡ししました
懇親会終了後の打ち上げ会
裏方の皆さん、お疲れ様!

 今回のご寄付やオークションの収益金の合計は、75万円以上にもなりました。この大きな成果に、協会一同深く感謝しております。ご厚志は雲南省の子ども達の小学校建設資金として、大切に使わせていただきます。

 また、このイベントを通して、多くの方に新たに協会のことを知っていただくことができたと思います。また、来年もチャリティゴルフを開催したいと考えていますので、今回ご都合のつかなかった方も、ぜひご参加ください。
 最後にもう一度、コンペにご参加くださった皆さん、東京たまがわロータリークラブ、ボランティアの皆さんにお礼申しあげます。

【会計報告】
      適  要   金 額       内    訳
  コンペ参加費
345,000
@3,000円 x 115名 
  ご祝儀 
122,000
ご厚志のうち現金のご祝儀のみ
  チャリティホールカンパ
112,000
@1,000×112
  オークション売上  
176,960
オークション募金箱カンパも含む
  合  計 
755,960
 

【ご寄付一覧】
オリムピックカントリークラブ
株式会社技術評論社 (片岡巌様)
サッポロホールディングス株式会社 (岩間辰志様)
東京たまがわロータリークラブ
狛江ロータリークラブ会長 (栗山正美様)
立川こぶしロータリークラブ
調布むらさきロータリークラブ
株式会社東海 (牧田正之様)
東京三鷹ロータリークラブ(桜井敏様)
株式会社ナイチンゲール (関根冨士子様)
NPO法人 21世紀のカンボジアを支援する会 (根岸恒次様)
日経印刷株式会社 (山本富造様)
日本ケイエム交易株式会社 (初鹿野薫様)
マミヤOP&UST
合資会社村上製本所 (村上晃一様)
メディネットインターナショナル株式会社(三木秀隆様)


*遠藤功理事には、企画立案から商品等のご寄付など大変お世話になりました。また、その他、多くの方々からもご寄付いただきました。この場を借りまして御礼申しあげます。

当日ボランティアの皆さん

【懇親会ご挨拶の皆様
三木秀隆様(東京たまがわロータリークラブ会長)
大久保雄之介様(オリムピックカントリークラブ支配人)
岩間辰志様(サッポロホールディングス株式会社名誉顧問・協会顧問)
唐澤英安(NPO法人 日本・雲南聯誼協会 理事)
初鹿野恵蘭(NPO法人 日本・雲南聯誼協会 理事長)

【当日ボランティア協力(敬称略・順不同)】
滝澤崇、NORINE(のりね)、富安朱見、笠置麻未、星かおり、林晨、三木秀隆、牧田正之、初鹿野仁、水口俊裕
NPO法人日本・雲南聯誼協会より中村有里子理事、遠藤功理事、唐澤英安理事、初鹿野薫理事、東郷浩顧問、曹光顧問、寺内明子大宮支部長、初鹿野恵蘭理事長、東京本部(七田怜・梅本霊邦・杉本文子)

<<< 次の記事
  前の記事 >>>
   
 
 
          PAGE TOP  
  更新日: 2010年2月19日 20:23 copyright