NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > 交流活動 > 2010年 > 2010度第2回役員会開催
JYFAの活動
 
交流活動
 
医療支援
文化支援
民族文化支援
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
イベント情報
    2010年度第2回役員会開催 

 7月1日、「認定特定非営利活動法人」に認定

 2010年6月18日(金)16時30分から今年度第2回目の役員会・顧問会が東京本部で開催されました。協会創立10周年記念式典を2週間後に控え、同記念式典関連事業の確認が行われました。また、初鹿野理事長より7月1日付けで国税庁より「認定特定非営利活動法人」として認定を受けることが報告されました。

【議長】 初鹿野惠蘭理事長
【議題】

活動報告
 1.認定NPO申請 認定内容の報告
 2.第21校目・22校目開校式の旅について(5月21日〜28日)
 3.小さな壁新聞プロジェクト
 4.100万回の手洗いプロジェクト
 5.協会会計情況についての報告
議  題
 1.2010年度定時総会
 2.今年度支援校について
 3.協会設立10周年記念式典及び懇親会
 4.10周年記念杯チャリティーゴルフコンペについて
 5.今後の活動予定など





■「小さな壁新聞プロジェクト」4日にお披露目

 冒頭、初鹿野理事長から6月14日に国税庁より電話にて認定NPO法人の内定通知のあったことが報告されました。これにより平成22年7月1日以降の皆様からのご寄付は、寄付金控除の対象になります。感謝するとともにさらに質の高い活動、成果が出るよう誠心誠意努力していくことが確認されました。
5月21日〜28日の日程で実施された、協会支援第21校目・22校目の開校式ツアーが報告。27日には、昆明女子高校で新井淳一会長が「夢は叶う」と題した講演を行い、深い感動を残しました。講演の内容は近々に協会のホームページに掲載する予定です。
 その他、活動報告では建設した小学校のフォローアップの一環として始まった「100万回の手洗いプロジェクト」や、昨年6月から始まった日中の小学生が自分の夢や日々の関心事を絵と文字で表現し交流する「小さな壁新聞プロジェクト」が報告されました。現在、雲南の支援校「老村小学校」による記事を作成中で、4日の記念式典会場でお披露目される予定です。
 佃監事からは、協会会計情況について報告。09年度協会正味財産増減計算書・同貸借対照表・同雲南支部収支報告、給与・賃金増減表などの説明、質疑応答が交わされました。

■来賓に中国大使館の許沢友総領事始め「鏡報」誌発行する新和環球有限公司の徐会長ら6名

 協会設立10周年記念式典には、6月18日現在110名の出席が届いております。式典の来賓には中国大使館の許沢友総領事を始め、香港の「鏡報」誌を発行する新和環球有限公司の徐世英・名誉会長・社長を始め6名が出席されます。現地からは「25の小さな夢基金」の支援を受ける3名の女子高校生も参加。サポーターとの対面や民族舞踏も披露してもらう予定になっています。この間、協会を支え続けて頂いたボランティアや個人、企業、団体への表彰も行われます。ワンアップが現在製作中のDVD「協会活動10年の歩み」が上映される予定です。


今後の活動予定は

◎6月26日(土) 10:00〜12:00 第9回定時総会
◎6月28日(月)〜7月1日(木) 卒業式参列の旅(3泊4日)
◎7月4日(日)協会創立10周年記念式典
◎8月28日(土)第6回チャリティーゴルフコンペ(20組80人予定)


 10年間の皆さんのご支援・ご協力に改めて感謝するとともに、新たなる10年に向けた飛躍の年とするべく、役員・事務局一丸となって今年も頑張って行きたいと思っております。

【出席者(敬称略・順不同)】
初鹿野惠蘭理事長、遠藤功理事、北原茂実理事、中村有里子理事、桂正徳理事、大鷲修平理事、村松健児監事、佃純誠監事、片岡巌顧問、東郷浩顧問、根岸恒次顧問、山田美葉・大塚美佐子(事務局)【特別参加】大越恭治、平田栄一、高山千代美
 
<<< 次の記事 
 
 
 
          PAGE TOP  
  更新日: 2011年2月17日 15:47 copyright