NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > 交流活動 > 2010年 > 大宮支部国際フェア参加報告
JYFAの活動
 
交流活動
 
医療支援
文化支援
民族文化支援
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
イベント情報
    収穫の秋!大宮支部・国際フェア参加報告!

gb

  日ごろから活発に活動を行っている協会大宮支部。今年10月には、埼玉県で行われた国際フェア3つに立て続けに参加しました! 大宮支部の活動を通して会員登録して下さる方も多く、今回も実りある出展となったのではないでしょうか。全てのイベントを手伝ってくださった鳥羽清弘さんのレポートをご紹介します。

 今年の夏は暑く、そして長かったので、秋が短く感じます。やっと涼しくなった10月、県内各地でいろいろな国際 友好の催しが開かれました。

 日本雲南聯誼協会大宮支部の秋の活動としては10月3日(日)JR高崎線・浦和駅東口広場で「さいたま市国際ふれあいフェア」に参加しました。
 2つ目として10月11日(月)、上尾市文化センターで開かれた「あげおワールドフェア2010」に参加しました。
 さらに3つ目は10月23日(土)、24日(日)JR高崎線・新都心駅構内けやき広場で「埼玉県国際フェア」が開かれました。

 大宮支部のボランティアの皆さんのご協力で、3つの催しも盛会の内に無事終える事が出来ました。来場されるお客様も中国への旅行は北京・上海が中心の
旅と理解していた方が多かった時代から、最近は雲南省への旅に変って来ました。特に風景や食べ物。さらに少数民族の話などに興味を示す人が増えて来ました。また雲南省に行って来た方は、雲南の素晴らしさを語ってくれる人も多くなりました。

 また雲南省の子どもたちの小学校が建設されているポスターに感動し募金してくださる方も多くなりました。このような催しを通じ多くの方々の雲南への理解の深まりを期待しながら、これからも活動を続けて行きたいと思います。

お疲れ様!
寺内大宮支部長と鳥羽さん。シリアのお客さんと一緒に。

【ボランティア協力(敬称略・順不同)】
鳥羽清弘、川口邦夫、市川由美子、李峰、李俊、金子沙樹、高橋福子、服部恵美子、久継智弘、寺内明子大宮支部長ほか


 
<<< 次の記事
 
 
 
          PAGE TOP  
  更新日: 2011年2月17日 15:45 copyright