NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > 交流活動 > 2011年 > 大宮支部!2011秋のイベント報告!
JYFAの活動
 
交流活動
 
医療支援
文化支援
民族文化支援
 
雲南少数民族写真展「笑顔を君に」
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
イベント情報
    大宮支部!2011秋のイベント報告!

 今年も10月から11月にかけて、協会大宮支部が埼玉県内で行われた3つの国際交流イベントに計4日間出展しました。寺内明子大宮支部長のご報告を紹介します。

10月9日(日)、浦和駅東口市民広場で「国際ふれあいフェア」が開催されました。今回はブースの場所が大変良く、民族衣装の試着を行わなかったにも関わらず、足をとめてくださる方がたくさんいらっしゃいました。何人かの方には、「試着はやらないの?」と声をかけて頂きました。

翌、10月10日(月)「体育の日」には、上尾市文化センターで「上尾ワールドフェア」が開かれました。市内に住む約30ヶ国の方々が、踊りや伝統の衣装、郷土料理など自国の文化を紹介、日本のスタッフによる日本語教室、書道や折り紙教室等も開かれました。日本雲南聯誼協会大宮支部は、中国ブースに出展し、たくさんの方においで頂きました。また、PRルームで行った雲南セミナーにも30人余りの方にご参加頂きました。中国ブースのフードの皆さんは、雲南米線、糯米餅、肉まんを提供し、同日の売り上げを全て協会に寄付してくださいました。

大宮支部2011秋 大宮支部2011秋

11月最初の週末、5日(土)6日(日)には、さいたま新都心駅けやき広場で開催された「埼玉県国際フェア」に参加しました。けやき広場は立地がよく、例年はたくさんの方がご来場くださいますが、今年は5日が曇り6日が雨とあいにくのお天気で、足を止めることなく通り過ぎる方がほとんどでした。それでも、5日にはたくさんの方がブースにお立ち寄りくださり、民族衣装の試着も大盛況でした。また、今年は例年に比べ、ご寄付をしてくださった方が多いように感じました。

(報告=寺内明子大宮支部長)


大宮支部2011秋 大宮支部2011秋


【ボランティア協力(敬称略・順不同)】久継智弘、大泉國雄、市川由美子、青柳茂樹、岡崎るみ、丸田智代、金子沙樹、李俊、看護学校生4名、中学1年生2名、鳥羽清弘、川口邦夫、郭鄞、丸田智代、寺内明子支部長


<<< 次の記事 前の記事 >>>
   
 
 
          PAGE TOP  
  更新日: 2011年11月1日 17:35 copyright