NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > 交流活動 > 2012年 > 悪天候なんてなんのその!さいたま「国際友好フェア2012」出展
JYFAの活動
 
交流活動
 
医療支援
文化支援
民族文化支援
 
雲南少数民族写真展「笑顔を君に」
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
イベント情報
    悪天候なんてなんのその!さいたま「国際友好フェア2012」出展


 黄金週で賑わう5月3日、4日、さいたま市土呂にある市民の森・見沼グリーンセンターにて、毎年恒例「国際友好フェア」が開催され、埼玉支部の皆さんが大いに奮闘してくださいました。
 あいにくの悪天候ではありましたが、協会ブースは雨をも吹きとばす活気だったようです。以下、埼玉支部の鳥羽清弘さんからいただいた報告を、一部抜粋してご紹介します。

 雲南の子どもたちの教育支援・民族衣装の紹介・観光PRなどを目的に参加し、大宮支部の年度計画のひとつとして準備を進めてきました。ところが、天候不順で第一日目は朝から大雨。午後2時には中止となりました。
 二日目は晴れましたが、時おり大雨が降るという悪天候でした。さいわい午後から晴れ間もみえ、来客も増え、会場が賑わいました。
 雲南のブースは二日目、東京本部から滝沢部長さんが応援に来られ、ボランティアの皆さんも大喜び、感謝、感謝の一日でした。ありがとうございました。また、支部のボランティアの皆さん、悪天候の中、連日ご協力いただき心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。(鳥羽清弘)

 埼玉支部の皆さん、お疲れ様でした!


さいたま国際フェア さいたま国際フェア
埼玉支部の心強いボランティアーズ!左から鳥羽さん、北原さん、久継さん
民族衣装の試着ゾーンは毎年大賑わい。着るの、結構難しいんですよ
さいたま国際フェア さいたま国際フェア
とっても可愛らしい笑顔!少数民族独特の帽子がまた可憐です
ブース内の様子。ボランティアの皆さんも来場者に積極的なPR!

【ボランティア協力(敬称略・順不同)】滝沢崇、川口邦夫、市川由美子、丸田智代、大泉國雄、高橋福子、久継智弘、北原聡子、鳥羽清弘、寺内明子


<<< 次の記事 前の記事 >>>
   
 
 
          PAGE TOP  
  更新日: 2012年5月1日 17:40 copyright