NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > 交流活動 > 2012年 > 協会誕生の地・八王子!町内会で講演
JYFAの活動
 
交流活動
 
医療支援
文化支援
民族文化支援
 
雲南少数民族写真展「笑顔を君に」
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
イベント情報
    協会誕生の地・八王子!町内会で講演しました

 7月26日、協会誕生の地でもある八王子市で、初鹿野理事長が「異文化を学ぶ」をテーマにお話ししました。会場には地域の住民約30名が集まり、民族衣装の試着や合唱などで大いに盛り上がりました。当日合唱をリードしてくださった高山千代美さんの報告をご紹介します。


 理事長の初鹿野惠蘭さんが、地元である八王子市の三田町会会館で、地域の皆さんへ「異文化を学ぶ」というテーマで、雲南省についてお話をされました。

 彼女の周りには、彼女の熱意と人柄に惹かれて、素晴らしい方がたくさん集まってきます。その一人、同じ志をもつ林則幸さんが、真心をこめて作られた約10分間の雲南省の紹介ビデオが、最初に流されました。雲南省の場所や特産品、食事や衣装など人々の暮らしや、家族のつながりなどほほえましい映像の数々・・・そして少数民族の子どもたちの屈託のない純粋な笑顔には、心打たれ目頭が熱くなりました。

 惠蘭さんのお話を、皆さん、大変熱心に聞いておられ、会場は、雲南省の特産品のプーアル茶を飲みながらの、とても和やかな雰囲気です。 また民族衣装の紹介では、手に取ったり試着したりして大盛り上がり!!皆さん、雲南省について大変興味を持って下さり、ぜひ行ってみたいと思われたご様子で、色鮮やかなお土産品にもとても喜んで下さいました。

 その後、雲南省の少数民族の暮らしをうたった自作の「彩雲の南」を無伴奏で歌わせていただきました。 最後にみんなで、懐かしい日本の歌「海・みかんの花咲く丘・青い山脈・幸せなら手をたたこう・ふるさと」の大合唱!! 皆さんの生き生きとした歌声と笑顔に、「来て良かった!」とこちらが元気をもらいました。 日本と雲南を繋ぐ小さな架け橋に、友好の花が開いたひとときでした。

(高山千代美=会員)



サロン和楽三田 サロン和楽三田
三田町会会館には約30名の皆さんが集結!東京事務局のマスコット“ノリカ”も出張しました
映像を交えながら魅力溢れる少数民族の文化を紹介。どこか懐かしいその生活に、涙ぐむ方も
サロン和楽三田 サロン和楽三田
素晴らしい映像を作って下さった林則幸さんは、当日もスタッフとしてご協力してくださいました
色鮮やかな民族衣装に皆さんの目はくぎ付け
サロン和楽三田 サロン和楽三田
なし崩しの試着タイム。ご覧くださいこの素敵な笑顔!
皆さん、なかなかの着こなしですね
サロン和楽三田 サロン和楽三田
プロの歌手でもある高山千代美さんが歌声を披露。合唱もリードしてくださいました
懐かしい日本の歌に、参加者の心もひとつに。日本と雲南に思いをはせた素敵なひとときでした



<<< 次の記事 前の記事 >>>
   
 
 
          PAGE TOP  
  更新日: 2012年8月2日 16:35 copyright