NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > 交流活動 > 2014年 > 四国初上陸!「笑顔を君に」in四万十開催報告
JYFAの活動
 
交流活動
 
医療支援
文化支援
民族文化支援
 
雲南少数民族写真展「笑顔を君に」
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
    子供たちの笑顔、四国初上陸!「笑顔を君に」in四万十開催報告

 
2011年から全国の皆さんのご協力の下、日本各地で開催してきた日本雲南聯誼協会全国巡回写真展「笑顔を君に」。2014年最初の「笑顔を君に」は、"南国土佐"高知県四万十市での開催となりました。

これまでに、高知高専の生徒さんが文化祭で協会をご紹介してくださったことがありましたが、協会として主催活動を四国で行うのは、14年の歴史の中で今回が初めてのことでした。昨年夏の北海道初上陸に続く四国初上陸で、2月26日から3月4日までの会期中は、活動の広がりをしみじみ実感する1週間となりました。

今回の写真展を主導してくださったのは、現地在住会員で、四万十市議でもいらっしゃる宮本博行さん。設営から運営、撤収に至るまで幡多ライフサポートセンターの皆さんがボランティアとして支えて下さいました。東京からは夜行バスで乗り込み全日程を見守った滝澤崇ボランティアリーダーの他、今回の開催を仲介してくださった小澤文穂顧問、そして初鹿野惠蘭理事長が駆けつけ、地元の方々と触れ合いました。

写真展初日に読売新聞、毎日新聞、朝日新聞の取材があったこともあり、7日間の会期中にご来場くださった方はなんと509名にもなりました。会場の募金箱に集まったご寄付は3万円余り、新たにご入会くださった方もいらっしゃり、協会の四国初上陸は大成功に終わりました。

なお、全国巡回写真展「笑顔を君に」in四万十開催に当たっては、四万十市教育委員会及び幡多ライフサポートセンターのご後援を頂いた他、開催初日には姫井由美子前参議院議員より心のこもったお祝いメッセージを頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。


「笑顔を君に」in四万十 「笑顔を君に」in四万十
今年初の「笑顔を君に」の舞台は日本一の清流で有名な高知県四万十!
会場となった四万十市中央公民館です
「笑顔を君に」in四万十 「笑顔を君に」in四万十
設営のために集まってくださった幡多ライフサポートセンターの皆さん。見慣れない民族衣装に興味津々!?
こちらはプイ族の貴重な衣装。壊れ物のように丁寧に扱ってくださっています
「笑顔を君に」in四万十 「笑顔を君に」in四万十
地元の発起人・宮本博行四万十市議も自ら設営のお手伝いです
平日の作業にも関わらず、こんなにたくさんの方が設営を手伝ってくださいました
「笑顔を君に」in四万十 「笑顔を君に」in四万十
民族衣装も色鮮やかな、素晴らしい写真展会場が出来あがりました!

「笑顔を君に」in四万十 「笑顔を君に」in四万十
滝澤ボランティアリーダー(左)は夜行バスで高知入りし、8日もの間四万十に留まって大活躍
開催2日目からは小澤文穂顧問(右)も合流。写真展運営を支えてくださいました
「笑顔を君に」in四万十 「笑顔を君に」in四万十
3月2日には初鹿野理事長も合流。小澤顧問、宮本会員とともに
ご後援頂いた四万十市教育委員会を表敬訪問しました
「笑顔を君に」in四万十 「笑顔を君に」in四万十
期間中訪れてくださった皆さん、ボランティアとして運営を支えてくださった皆さん、ご協力くださった全ての皆さん本当にありがとございました!



開催経過報告はこちら⇒

【後援】四万十市教育委員会、幡多ライフサポートセンター
【ボランティア(敬称略、順不同)】

宮本博行、滝澤崇、小澤文穂、初鹿野惠蘭、幡多ライフサポートセンター(のべ26名)


 
   
 
 
          PAGE TOP  
  更新日: 2014年3月10日 17:35 copyright