グローバルフェスタJAPAN2014|少数民族への国際協力教育支援【認定NPO法人 日本・雲南聯誼協会】
NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > 交流活動 > 2014年 > グローバルフェスタJAPAN2014
JYFAの活動
 
交流活動
 
医療支援
文化支援
民族文化支援
 
雲南少数民族写真展「笑顔を君に」
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
イベント情報
    雨にもマケズ!沢山のご来場者に感謝いたします。グローバルフェスタJAPAN2014出展報告

  毎年恒例の日本最大級の国際協力イベント「グローバルフェスタ Japan 2014」が10月4日と5日の二日間、東京・日比谷公園で開催されました。今年のテーマは、「Smile Earth!地球の明日(みらい)へ"笑顔"のタネまき!」。国際協力に携わるNGO、政府機関、国際機関、企業など約300もの団体が一堂に会し、活動報告、展示などを行いました。
 フェスタ初日は朝からさわやかな秋晴れに恵まれ、絶好のフェスタ日和でしたが、残念ながら二日目は台風の接近によりお昼までの開催となってしました。しかし二日間の来場者数は7万7千人を数えました。

 初日には、協会メンバーがブース前で「葫芦笙(瓢箪の笙)」の演奏を披露。通りがかった多くの方が足を止め、美しい音色に合わせて手拍子したり、曲に合わせて踊りだしたりするなどたいへんな盛り上がりでした。協会ではまた、民族衣装を着て記念撮影してもらう人気プログラムのほか、写真やパネルによる雲南省の紹介・協会の活動報告、プーアール茶の試飲などを行いました。

 今年も、毎回お立ち寄りいただいている常連さんとの再会、初めてお立ち寄りいただいた方との出会いなど、たくさんの方が足を運んでくれました。また、募金箱を設け、ご寄付いただいた方には雲南省少数民族の手作りの工芸品(アクセサリーや、ポーチ、孫の手など)やプーアール茶をお持ち帰りいただきました。参加したボランティアスタッフは二日間で計36名に上りました。

今年も皆様の温かいたくさんのご寄付、ありがとうございました!

第1回日本雲南大学生スタディツアー」に参加した大学生もボランティアとして参加しました

「葫芦笙(瓢箪の笙)」の演奏も披露

ご協力してくださった皆さん、いつも本当にありがとうございます!!

ボランティア協力(敬称略・順不同)山下真知、木本一彰、岩沙圭、佐々木英介、張南、王 珊、三木亮、渡部優美、山本晶、木下千尋、松田雄馬、近藤森雄、久継智弘、菊地瑛里、北吉田和子、千々岩哲、花沢晴美、土田淳志、 東京本部事務局(滝澤崇、上原正夫、林則幸、黒沼明恵)

<<< 次の記事 前の記事 >>>
   
 
 
          PAGE TOP  
  更新日: 2012年10月12日 16:35 copyright