NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > 交流活動 > 2012年 > ボランティアが支援第4校目「藤誼小学校」に壁新聞を配達
JYFAの活動
 
交流活動
 
医療支援
文化支援
民族文化支援
 
雲南少数民族写真展「笑顔を君に」
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
イベント情報
    ボランティアが支援第4校目「藤誼小学校」に壁新聞を配達


 2012年3月、雲南省出身の学生ボランティア攸萍さんが、郵便お姉さんとなって、「小さな壁新聞~南新浜小学校版~」を怒江の小学校まで届けてくれました。今日は、攸萍さんから当日の様子を紹介していただきます。

●攸萍さんからのご報告
  2012年3月12日、雲南省怒江リス族自治州福貢県の架科底郷公房村にある、協会支援第4校目「日中藤誼僑愛小学校」を訪ねました。
 訪問以前の私の怒江に対する印象は、旅行雑誌で見かける「世界自然遺産三江併流がある地域」という記述や、リス族の伝統的な生活方式、数年前に見て脳裏に焼き付いている一枚の写真――学校に行くために、小さな女の子が、荒れ狂う怒江を溜索(両岸を結ぶロープを滑車で渡ること)を使って渡っている光景のみに留まっていました。ですが、実際に怒江を訪れて以降、大きな感慨を受けています。

藤誼小学校は険しい山々に囲われた
立地にあります
授業の合間に子どもたちは
元気にラジオ体操!

 小学校に到着したとき、子どもたちはちょうどラジオ体操をしていました。子どもたちに日本からの贈り物「小さな壁新聞」を渡すため、私と校長先生、先生方は、簡単な挨拶のあと、掲示板に壁新聞を貼りだしました。案の定、体操が終わった途端、子どもたちは桶から水があふれるように集まってきて、先を競って日本の友達からの壁新聞を読みはじめました。
「先生、これは日本語? すごく不思議だね」。先生は微笑み、うなずきます。私が日本から帰ってきたことを知ると、子どもたちはひとつ、またひとつと質問を持ってきました。
「日本ってどこにあるの?」「日本の人たちは僕たちと一緒?」「彼らも学校に通っているの?」「学校ではなにをしているの?」
 子どもたちの質問に答え終わると、私はカメラを取りだしました。子どもたちは、カメラ自体は見たことがあるけれど、撮影するのはこれが初めて。街中の子どもたちとは違って、ポーズはとりません。不慣れで、恥ずかしそうな表情をしていました。けれど、子どもたちの純朴な心は躍りあがっていました。

学校の掲示板に張り出された
南新浜小学校版壁新聞
日本の子どもたちの生活は
どんな印象を与えたかな?
「小さなカメラマンプロジェクト」用の撮りっきりカメラを渡しました
教室の様子
毎日ここで勉強をしています

 近年、中国政府は教育への投資や、基本設備の建設に力を入れています。国内の非政府組織や海外の団体からの寄付もあって、怒江地区の教育状況は大きく向上しました。学齢児童は基本的に学校に通うことができています。けれど、中国経済の高度成長は、同時に、東西部の経済格差、教育格差を生みだしました。雲南省怒江地区の子どもたちは、確かに学校に通うことができているけれど、東部沿海地区の同年代の子どもたちに比べると、依然レベルは低いのです。
 経済未発達地区の教育レベルをいかに向上させるかが、今後の重要な課題です。(攸萍)

●原文
2012年3月12日,我来到了位于云南省怒江傈僳族自治州福贡县的架科底乡公房村。访问了日本雲南聯誼協会筹建的学校--架科底乡公房民族完小(日中藤誼僑愛小学校)。来这里以前,对于怒江的印象只停留在旅游杂志上对于世界自然遗产三江并流的描述,傈僳族原生态的生活方式,以及数年以前印在脑海中的一张图片:波涛汹涌的怒江之上,一小女孩儿溜着绳索滑过怒江才能去学校上课。。。。但是,到了这里以后,感慨万千。

授業を撮影させてもらいました
寮生活の様子
小学校では外で給食を食べます
攸萍さんと学校の先生

抵达架科底乡公房民族完小时,孩子们刚好在做课间广播体操,为了让孩子们赶快看到从日本带给他们的礼物--小小记者报,我与校长及老师简单的寒暄以及自我介绍后,将报纸张贴到了宣传栏。果然,当课间操结束时,孩子们如潮水般涌了过来,争先恐后的读着日本小朋友带给他们的话语。"啊,老师,这就是日语啊?真神奇。"老师微笑着点点头。当得知我刚从日本回来时,孩子们的问题一个接一个过来了:日本在哪里呀?他们是不是和我们一样啊?他们上学吗?在学校都做些什么啊?。。。。回答完孩子们的问题,随后我将照相机拿出来,孩子们虽然见过相机,但照相却还是第一次。照相时,不像城里的孩子,摆着各种式样的姿势,这里的孩子们都露出生涩且害羞的表情,一个个淳朴的灵魂在跳舞。
近年来,中国政府加大了对教育的投资以及基础设施的建设,加之来自国外非政府组织及海外团体的捐助,怒江地区的教育状况得到了很大的提高,学龄儿童基本能够上学,但是,由于中国经济的高度增长也带来了东西部经济格差及教育格差。云南怒江地区的儿童虽然能够上学,但整体素质上却比东部沿海地区同龄孩子低很多,如何提高经济欠发达地区的教育水平,这也是今后国际合作的一个重要课题。
(攸萍)

<<< 次の記事 前の記事 >>>
   
 
 
          PAGE TOP  
  更新日: 2013年8月8日 15:09 copyright