NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > 交流活動 > 民族文化交流について > トンパ文字カレンダー
JYFAの活動
 
交流活動
 
医療支援
文化支援
民族文化支援
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
活動報道
  トンパ文字カレンダー
技術評論社より発売!

 

トンパ文字とは?

 この画の題材となっているトンパ文字は、中国雲南省麗江の納西族に伝わる象形文字です。現在でも生きて使われている象形文字としては、世界で唯一のもので、「世界無形遺産」に相応しいものでしょう。
 このトンパ文字を主題にして、東巴画で有名な画家2名による作品集となっています。麗江で活躍している和品正先生、大理で活躍している趙有恒先生です。特に、日本では初めての東巴画カレンダーとして話題を集めています。日本人はじめ世界中の観光客に人気スポットである「麗江古城」(世界文化遺産)をはじめ雲南省には、観光客を魅了する観光資源が数多く存在します。
 その題材を写真ではなく、2人の巨匠の東巴画にしたところに、このカレンダーの特色があります。世界で初めての作品です。

※トンパ文字カレンダー売上金の半額は、雲南省少数民族の貧困児童教育支援の為に使わせて頂きます。(現在は発売されておりません)


   
 
 
  PAGE TOP  
  更新日: 2011年1月13日 19:05 copyright