NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > ライブラリー > メディア報道 > 日本雲南聯誼協会、我省景東県曼等郷菜戸イ族希望小学校に資金援助
ライブラリー
 
刊行物
メール通信
活動報道
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
活動報道
    日本雲南聯誼協会、我省景東県曼等郷菜戸イ族希望小学校に
20万元の建築資金を援助
     
雲南省司法庁のwebサイトで報道されたニュースです。
原版はこちらから。



  8月24日、日本雲南聯誼協会が援助する雲南省プーアル市景東県曼等郷菜戸イ族小学校への資金寄付の式典が雲南省司法庁で行われた。
 日本雲南聯誼協会理事長初鹿野恵蘭女史をはじめとした友人たち、雲南省司法庁庁長施朝興、副庁長羅正雲および関係部門の人員が式に参列した。

 この席で日本雲南聯誼協会理事・北原脳神経外科病院理事長北原茂実氏は日本側を代表して、司法庁の貧困扶助項目である曼等郷菜戸イ族小学校へ300万円(約20万人民幣)を寄付された。現在、司法庁の各方面での努力と全庁従業員の積極的な寄付により40万元の資金が集められた。菜戸イ族小学校は10月1日に着工し、2007年5月30日前に完成する予定である。

【協会サイト内関連記事】
雲南省に日本最先端の医療を
  〜北原脳神経外科病院、昆明の病院と合資病院設立で合意〜


<< 次の記事へ 前の記事へ >>
   
 
 
  PAGE TOP  
  更新日: 2010年12月16日 17:59 copyright