NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > ライブラリー > メディア報道 > 雲南「春蕾」の優秀な学生が今年日本へ交流訪問
ライブラリー
 
刊行物
メール通信
活動報道
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
活動報道
    雲南「春蕾」の優秀な学生が今年日本へ交流訪問
     
昆明信息港のwebサイトで報道されたニュースです。
原版はこちらから。ウェブサイト画像

 今年より、日本雲南聯誼会は毎年昆明女子中学(中高一貫)「春蕾」高校クラスより、品行・学力共に優れている女生徒を選出し、日本への1週間前後の学習交流を行う。
 4月19日午前、昆明女子中学内にて、「春雷」高校クラスの25名の学生と日本の友人らはシャベルを握って土を掘り、日本雲南聯誼協会が日本から持ってきた日中友好の象徴である桜の樹を一緒に植えた。また、この度日本側は貧困学生の学習及び生活資金として49.5万円を贈呈した。
 当日、支援者が「春雷」学生の前に現れると、学生達はとても感動し、手で刺繍を入れた匂い袋を日本の友人の手の上に置き、しみじみと「ありがとう」を述べ彼らに対する感謝の意を表した。高校卒業を間近にする唐過宝さんは感慨無量で「支援者のみなさんは我々に多大な援助と動力を与えてくれました。私は間もなくむかえる大学受験で必ず力の限りを尽くし、皆さんの期待に背きません」と述べた。
 雲南省婦聯、雲南省児童少年基金が1989年に「春雷計画」を実施して以来、このプロジェクトは全省129県(市)をカバーし、受取り及び募集資金は合計3000万人民元を超えた。330余りの春雷女子クラスを開設、6万の「春雷橋」を掛け、26校の「春雷学校」を建設した。また近年は「春雷計画」を引き続き展開させ「雲南女大学生奨学金」と「春雷図書館」のプロジェクトを実施し、また「エイズ遺児と特別困窮家庭子女助成金」を設立した。去年までに「春雷計画」は我省12万人余りの貧困、失学児童の学業を完了させている。また4月27日に新平「春雷図書館」は正式に開館する。
 今年より、日本雲南聯誼会は「春蕾」高校クラスより、品行・学力共に優れている女生徒を選出し、日本への1週間前後の学習交流を行う。

編集: 李莉


<< 戻る
前の記事へ >>
 
 
  PAGE TOP  
  更新日: 2010年12月16日 17:54 copyright