NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > ライブラリー > メディア報道 > 共青団綿陽市委員会、日本雲南聯誼協会寄贈式を開催
ライブラリー
 
刊行物
メール通信
活動報道
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
活動報道
    共青団綿陽市委員会、日本雲南聯誼協会寄贈式を開催
     
中国青年報のwebサイトで報道されたニュースです。

 11月13日午後,日本雲南聯誼協会による青少年活動センター建設への寄贈式が綿州ホテルにて行われた。
 式典では、綿陽市青少年活動センター主任の伍軍よりセンターの基本的な状況と地震後の破損状況について説明が行われた。
 NPO法人日本雲南聯誼協会理事長初鹿野惠蘭さん一行4人は協会で募った500万円(人民元約35万円)を綿陽市センターに寄贈し、災害後の青少年校外活動に役立てる拠点づくりの建設に協力した。綿陽市市民政府の副市長、孫波は政府及び災害市民を代表し、日本雲南聯誼協会に対し感謝の意を表明した。
 次に、日本からの訪問客に対し、綿陽市の情況、災害の情況、現在の災害後の再建情況などを説明した。また民衆の生命財産に対して責任を持つことの政治的責任感の重さ、民衆がしっかりと食事をとり、暖かい衣服をまとい、寒さを受けず安全に冬がこせるようにと意気込みを述べ、この意気込みを持続させ、「良く速く」を原則に綿陽市災害後の再建と経済復帰のこの2大重要任務を早く完了すべく努力する旨を表明した。また、寄贈する側される側の双方が贈り物を交換し、写真撮影を行った。
 当日、初鹿野惠蘭さん一行4人は省僑務事務所共青団委員会の引率のもと、北川老県城地震跡、任家坪小学校、擂鼓小学校、市青少年活動センターなどの視察を行った。

責任編集:王興芳
編集:張暁琳
ニュースソース:団四川省委

<< 次の記事へ
前の記事へ >>
 
 
  PAGE TOP  
  更新日: 2010年12月16日 17:54 copyright