NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > ライブラリー > メディア報道
ライブラリー
 
刊行物
メール通信
活動報道
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
活動報道
    紅河州華僑聯合会“僑”に橋をかけ教育を促し、華僑から400万元教育援助金を導入
     
華声新聞紅河州のwebサイト「中国僑網」で報道されたニュースです。
原版はこちらから。
***

 雲南省紅河州華僑聯合会では、海外団体との深い関わりという強みを活かし、近年400万人民元の華僑教育資金を導入、17校の僑心校舎を建設し、26名の優秀貧困学生を援助している。また、学校条件の改善を進め、紅河州の教育事業の発展に貢献している。

 紅河州華僑聯合会と帰国華僑関係者は、年賀状や春節忘年会、世界華僑小学生作文大会などの多彩な活動を通して、海外の華僑に祖国と故郷の様子を伝え、理解が得られるよう努力を続けてきた。また、江西省、香港、マカオの華僑からは紅河州へ教育資金の寄付を受けた。

 香港万仏寺管理委員会会長呉星達さん・姜金鶯さんご夫婦は200万元を寄付し、紅河州建水、弥勒、紅河、元陽等の県市で6校の校舎建設を支援。また18万元を紅河民族師範学校の特別貧困生20名に寄付した。マレーシア中国経済貿易総商会会長顔清文さん・陳紹涓さんご夫婦からは、7校の僑心校舎、計132万元の寄付、また春節見舞金として建水龍岔小学校等3校の教師と生徒に6万元の寄付を受けた。加えて3名の優秀な生徒を彼らが創立した昆明五杰国際学校へ無料で進学させた。

 これら以外でも、日本・雲南聯誼協会、香港鮑思高基金会、フランス華僑劉巽坂の支援により“日中友好紅河県他撒ハニ族僑心小学校”、“艾格僑心校舎”、“愛民小学校” が完成している。海外の同胞や友人からの紅河州教育事業への関心と支持は、社会の高い評価を得ている。(紅河州華僑聯合会)



<< 次の記事へ   前の記事へ >>
   
 
 
  PAGE TOP  
  更新日: 2011年2月17日 17:38 copyright