NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > 雲南AtoZ > 雲南の自然
雲南AtoZ
基本情報
自然
文化


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
春城便り
    雲南の自然 

〜中国 花のある生活〜 第3回 春節の花  
 長江流域では、春節の頃になると黄色の花をつけたロウバイが切り花(枝)で販売されています。
 ロウバイは梅の香りがより強いので別名香花とも呼ばれています。アパートの部屋の中は甘い香りでいっぱいになり、ひと足早く春を感じ取っています。中国の人たちは、香りのする花が大好きです。
 ロウバイの名前の由来は定かでありませんが、12月(臘月ロウゲツ)に咲き始めるので臘梅とか、花が蝋細工のようであることから蝋梅とか、中国ではどちら
でも使われているようです。
 日本で一般的にロウバイと呼んでいるのは園芸種で、花の芯に赤味のな
いソシンロウバイが庭木として多く植えられています。中国原産のロウバ
イは花の芯に赤味があります。中国でもソシンロウバイが公園等で植えら
れています。
ソシンロウバイ
春を求めて花と香りを楽しむ人々

<<< 次の記事
  前の記事 >>>
   
 
 
  PAGE TOP  
  個人情報保護について   サイトマップ お問い合わせ  
 
更新日: 2009年11月19日 19:24
copyright