NPO法人 日本・雲南聯誼協会

 

支援交流

 

nantokatwitter

公式ナビゲーション.....;http://twinavi.jp/

平田支部長雲南便り

クリックで協会ブログへ!volu
協会10周年記念誌「笑顔を君に」好評頒布中!

now loading

 

 

 

 

 

 

 

夢基金写真

25の小さな夢基金

笑顔溢れる未来へ向けて-2012夢基金ふれあいの旅



 小さな夢基金」サポーターが、支援する高校生たちに会う「ふれあいの旅」が今年も6月27日から7月4日に行われました。時はまさに七夕の直前、年にたった一度だけお互いに顔を見て話せる機会ということもあり、日本からは18人が参加。現地集合を含む21人が、子供たちの元気に成長している姿に接するとともに、日ごろ話をする機会がない会員同士で親交を深めた8日間でした。


2012年6月30日 第2回「夢を語る」同窓会開催



  「夢を語る」同窓会は昨年に引き続き2回目。春雷クラスの同窓生、卒業生約100人に加え、雲南大学滇池学院から駆けつけた通訳ボランティア17人、さらに地元テレビ局の取材まで入り、会場は140人近い参加者で埋まりました。あいさつに立った樋口忠治協会顧問は「初鹿野理事長の望みの一つは、皆さんに日本と雲南の架け橋になってもらうことだと思う。国の関係に波風が立っても人と人の関係こそ大切で、皆さんは日本を第二の故郷と思ってください」と呼びかけました。

  サポーターと支援学生は同じテーブルに座り、初対面でもすぐに打ち解けました。春蕾クラスの子供たちは、様々な団体から援助を受けているためかみんな頑張り屋さん。子供たち自身の口からも、「頑張った」「高校に入って自信をもてるようになった」といった言葉が随所に聞かれ、頼もしく思えました。

  同窓会では「うちわ作り」や「盆踊り」(炭鉱節)などの活動で交流を深めました。うちわ作りでは、日ごろ絵を書く機会のない支援者たちが四苦八苦、すいすいと仕上げる子供たちを横目に「へのへのもへじ」など苦し紛れの珍品が続出しました。踊りの得意な少数民族の子供たちは盆踊りもあっという間にマスター、日本から持っていた浴衣も大変よく似合い、心和むひと時でした。

  締めくくりに初鹿野理事長が「皆さんが支援者からいただいているのはお金だけではありません。ぜひ思いやりの心を感じてほしい。皆さんの未来は皆さんの手の中にあります。皆さんの成功は我々の誇りです。感謝の心を忘れず、愛をもって社会を歩んでください」と学生たちにエールを送りました。

(木本一彰=会員、協会翻訳室室長)


  
今年の参加者はなんと140人余り!昨年に引き続き、司会通訳をしてくださった雲南大学・高明先生は浴衣姿
日本から駆けつけたサポーターの皆さん。ひとりひとりからご挨拶を頂きました
サポーター・夢基金生・ボランティアの大学生が一緒になってうちわ作り
真剣に取り組む皆さんを冷やかして(?)しるのは、総合司会の滝澤崇さん
個性的なうちわができあがりました!
こちらの班はカラフルです
世界でたったひとつしかないうちわを持って、ハイポーズ!
こちらはボランティア通訳の大学生たち。参加者に「炭坑節」を指南します
全員でひとつの大きな輪になって、盆踊り開始!
なんとなく手元が頼りないサポーターの皆さん。残念ながらお手本にはなっていない様子
同窓会では大学生ボランティアによる「日本語スピーチコンテスト」も開催
こちらは夢基金生による近況報告
日本の炭坑節に続いて、中国雲南・少数民族の「孔雀の踊り」も練習。雲南支部職員の雄姿をご覧ください
今回は特別に、卒業生・李英さんのお母さんも遥々駆けつけてくださいました。「日本のおじいさん」と感動の対面
2010年に来日した2人ももう卒業。平田栄一さんと久々の再会です
交流を支えてくれた、雲南大学滇池学院日本語科の学生たち
 


>>> 翌日の第4期生卒業式及び夢基金生故郷訪問の模様はこちらから



【ふれあいの旅参加者(敬称略・順不同)】岩間辰志、佐々木 英介、田島伸浩、久継智弘、平本美智明、木本一彰、山田徹夫、大�功雄、近藤釼一、千々岩哲、樋口忠治、三木秀隆、佐伯義博、南里稔、北原聡子、滝澤崇、平田栄一、初鹿野惠蘭、雲南支部事務局(林娜、中洲慶子)
【通訳ボランティア(敬称略・順不同)】高明(雲南大学滇池学院日本語学科講師)、陳莉莎、陳略、劉穎、胡霞、卞文潔、李莉 、姚遥、于瑋、張璇璇、張倩、阮琳舒、佟超、李彦林、張皓、字素梅、魯哲学、康慧京、彭浪浪、殷維維、蒋子璐、葛瑶、陳星凝、田亜娜、周衛、熊建麗、王婷婷、王寧
【協力団体(順不同)】雲南省統戦部、雲南大学滇池学院日本語学科、昆明女子中高等学校、雲南省留学人員聯議会(協会支援小学校23校目合同支援組織)雲南省浙江商会党委員会、臨滄市人民政府、臨滄市人民医院党委員会、臨滄市文化体育局、臨滄市衛生局、臨滄市招商合作局、臨滄市外事弁公室、臨滄市滄源ワ族自治県人民政府、臨滄市滄源ワ族自治県招商合作局、滄源県勐董鎮永冷希望小学校
 




お問合せはこちらから

copyright