NPO法人 日本・雲南聯誼協会

 

支援交流

 

nantokatwitter

公式ナビゲーション.....;http://twinavi.jp/

平田支部長雲南便り

クリックで協会ブログへ!volu
協会10周年記念誌「笑顔を君に」好評頒布中!

入れ替え写真

50の小学校プロジェクト

 当協会は、雲南省の貧困地域に暮らす、少数民族の子どもたちに学びの機会を提供したいと、2001年から「50の小学校プロジェクト」を開始し、雲南省の教育環境の改善に取り組んできました。

 雲南省の少数民族の多くは、山岳地帯などの厳しい自然環境の中で暮らしており、食べる物も着る物も十分ではありません。また、地域に学校がない、家が貧しいなどの理由で、義務教育を受けられない子どもたちが大勢います。
 このような子どもたちの学習環境を整え、地域政府・地元住民の教育への理解を深めながら、教育の面で雲南省をサポートしようというのが協会の「50の小学校プロジェクト」の狙いです。

プロジェクトの資金源について

長年風雨に曝され続けてきた校舎は倒壊の危険性があり、生徒と教師の安全を脅かしている

 >>>支援校一覧はこちらから

 当協会では、学校運営を最終的に雲南省自身に任せたいという強い気持ちがあるため、日本側と雲南側で建設費を折半するという方法をとっています。
総建設費の1/3〜1/2を支援する場合、200万円〜300万円が必要です。総費用としては400万円〜600万円程度(2〜3階建ての9教室程度の校舎)がかかります。
 費用の折半により、地元の政府も学校運営に真剣に取り組みます。地元に根ざした本当に必要な小学校を存続させるための配慮です。

プロジェクトの流れ

1、現地調査・視察

現地調査・視察

現地調査・視察

 本当に必要とされている場所に小学校を建設するため、何度も現地に赴き視察し、現地教育局とのやりとりを重ねます。

2、建設の決定(理事会)

建設の決定(理事会)

建設の決定(理事会)

 建設候補地がある程度定まると、理事会で、環境・経済その他の条件を加味して建設するか否かを討議、決定します。

3、現地教育委員会との打ち合わせ

現地教育委員会との打ち合わせ

現地教育委員会との打ち合わせ

 そして現地教育局との打合せを経て、建設委員会を設置、いよいよ建設工事が開始します。

4、建設

建設

建設

 工事は現地の建設会社が担当し、協会と建設委員会の監督の下完成に向かいます。ここまでの段階を終え、開校式を迎えるまでは1、2年です。

5、開校ふれあいの旅

開校式ツアー

開校式ツアー

 「開校式ふれあいの旅」を組み、会員の皆さんと子どもたち、村人、現地政府が一緒にこのめでたい日をお祝いします。

6、フォローアップ事業(追跡調査・支援・交流)

開校後の交流

開校後の交流

 小学校開校後も、5年間を目処に運営状況の報告を小学校側からしてもらい、なにか問題や要望があれば一緒に検討し解決します。
 日本の小・中学校と雲南の支援小学校の間にフレンドシップ協定を結び、双方の地域を巻き込んでの交流も推進します。また、年に何度か当協会会員が学校を訪問し、文房具を贈ったりなどの交流の場を持つことも。
 この5年を目途にした追跡調査・支援・交流を、当協会では「フォローアップ事業」と称し、定期的に実施しています。

お問合せはこちらから

中国雲南省昆明市人民東路289号
集大広場20階2011室

copyright