NPO法人 日本・雲南聯誼協会

 

支援交流

 

nantokatwitter

公式ナビゲーション.....;http://twinavi.jp/

平田支部長雲南便り

クリックで協会ブログへ!volu
協会10周年記念誌「笑顔を君に」好評頒布中!

now loading

 

 

 

 

 

 

 

支援校

候補地の視察

2008年5月27日、東京事務局・七田が、雲南省麗江市玉龍県を訪問し、支援候補地である二校「中興完小学校」と「汝南小学校」を視察してきました。

今回麗江市玉龍県で学校建設支援視察をした背景として、愛知県「麗江ナシ族友好協会」の存在があります。この協会は、雲南省麗江のナシ族の子供たちへの 教育支援活動をしてきた団体で、代表の伊東良洋さん(当協会会員)を中心に活動を続けていました。しかし、一昨年伊東さんは惜しくもお亡くなりになってし まい、その後この団体も解散してしまいました。

その故・伊東良洋代表の「麗江市玉龍県の小学校建設支援をしたい」という思いが、当協会名古屋支部の近藤釼一支部長を通して当協会に託され、現地に調査に行くことになりました。

    麗江市玉龍県――中興完小学校

一つ目の小学校は、麗江中心市街から車で2時間北上した黎明という地域にある中興完小学校です。 ナシ族の児童が半数で、残りはリス族、漢族、イ族、白族の児童が通っています。 周りには4つの分校がありますが、先生の不足や管理が行き届かないことから、これらの分校を中興完小学校に統合することが決まっています。 そのため校舎が一棟不足しており、建設を計画中だそうです。

<< 中興完小学校の状況 >>
民族 ナシ族
所在地 麗江市玉龍県
学校設立 1968年
児童数
および学級数
186人
1〜6年生
教職員数 15人





中興完小学校の様子

 

授業中の風景


教室内の様子

 

昼食をとるため家に帰る子供たち


    麗江市玉龍県――汝南小学校

二つ目の小学校は、麗江中心市街から南西に2時間ほど車を走らせた太安郷というところにありました。

汝南完小学校は、ナシ族の児童とプミ族の児童が勉強しています。プミ族は山の奥深いところに住む習慣があるので、全てのプミ族の児童が学校で学ぶために は寄宿舎が必要です。しかし、現在児童の寄宿舎だけでなく、教師の宿舎も足りません。その教師用宿舎も壁がひどく破損し、いつ倒れてもおかしくありませ ん。

また、校舎は一棟(4室)しかなく、児童数が増えた場合とても足りません。部屋が少ないので、授業用具の置き場にも困っています。そこで、現在使っている校舎の1階部分を宿舎にして、新しい校舎を建て増しする計画があります。

汝南小学校は山岳地域に属し、収入源はトウモロコシの栽培に頼っています。また、交通が不便な為農産物地副産物の価格が低く、貧困地域となっています。

<< 汝南小学校の状況 >>
民族 ナシ族、プミ族
所在地 麗江市玉龍県
学校設立 1944年
児童数
および学級数
151人
1〜6年生
教職員数 10人



汝南小学校
壊れている屋根裏 

児童達の寄宿舎
狭い部屋にたくさんの2段ベッド
教室の後ろには 所狭しと
ものが積み上げられています
 
低学年の生徒の教室棟
かなり老朽化していて危険です
現在建設中の新しい校舎
校舎が改築中なため
近くの民家を教室として使っています
早く皆で一緒に勉強したいね!

麗江というと、世界遺産の四方街や、玉龍雪山を擁する地域で、ここ数年は観光地として急激に栄えています。政府では中心地の教育施設にお金をかける一方、すぐ隣の玉龍県は、この恩恵を受けることなく、影に隠れてしまっている状態です。

協会からの支援金と、麗江市からの資金提供を得ることで、地元の政府が田舎の小学校の整備にも目を向けるきっかけになることを願っています。そして、「麗江ナシ族友好協会」の「ナシ族の子供たちに教育を」という思いを伝えたいと思います。

【現地パートナー】
雲南側協力団体 雲南省僑務弁公室、麗江市僑務弁公室、玉龍県教育局

お問合せはこちらから

copyright