NPO法人 日本・雲南聯誼協会

 

支援交流

 

nantokatwitter

公式ナビゲーション.....;http://twinavi.jp/

平田支部長雲南便り

クリックで協会ブログへ!volu
協会10周年記念誌「笑顔を君に」好評頒布中!

now loading

 

 

 

 

 

 

 

支援校

候補地の視察

    玉渓市貧困県元江県青竜場鎮寒及沖村


2004年6月2日、初鹿野理事長は再び雲南省学校建設地視察に向かいました。今回訪れたのは玉渓市の中の貧困県、元江県青竜場鎮に属する寒及沖村で す。ここには、イ族の古い系統をくむ「山蘇人」の家族が20数件集まって村を形成しています。彼らの住居は木と土で作られる「土掌房」と呼ばれ、内部は土 の壁がそのままの状態です。電気や水道はなく、衛生的にも問題のある環境の中、暮らしています。「山蘇人」は長い貧困の歴史からか自信を失っており、何と か少しでも豊かな生活にしたいと願っていますが、この地域は交通が不便で、発展から完全に取り残された状態になっています。「山蘇人」のように、「○○ 人」と呼ばれるのは、少数民族として認められていないさらに少数の民族(5000人以下)を指します。同じく雲南省の「モソ人」は通い婚の習慣が日本でも 有名ですね。


左)初鹿野理事長
母親をなくした子供とその父親

 
この女の子は着る服がありません

山蘇人の住居土掌房の概観

 
左)初鹿野理事長
山蘇人の住居土掌房の内部

近所の子供たち

 
子供たちが遊んでいます


山蘇人の住居土掌房
ここで炊事します。

 

 

 

 

 

 

お問合せはこちらから

copyright