NPO法人 日本・雲南聯誼協会

 

支援交流

 

nantokatwitter

公式ナビゲーション.....;http://twinavi.jp/

平田支部長雲南便り

クリックで協会ブログへ!volu
協会10周年記念誌「笑顔を君に」好評頒布中!

now loading

 

 

 

 

 

 

 

支援校

候補地の視察

    思茅地区墨江県――大溝村小学校


2007年6月21日、雲南省思茅地区にある支援第12校目小学校の建設現場視察の旅を終えた一行は、次年度支援候補校の視察のため、同地区墨江県の山奥 「文武郷大溝小学校」を訪問しました。

<< 大溝小学校の状況 >>
校名 文武郷大溝小学校
▲クリックすると雲南省全域の地図がご覧いただけます。
民族 イ族
所在地 思茅地区墨江県文武郷
児童数 113人
寄宿生 68人
学級数 1〜4年生
(5、6年生は別の小学校に通う)


大溝小学校のある文武郷までは、墨江県都から四時間の道のり。道路状況は非常に悪く、全く舗装されていない石だらけの土道を、大きく車体を揺られながらの行程となりました。
小学校のある文武郷に着くと、車を大型のものから小型のものに乗り換え、さらに車幅分しかない崖っぷちの道を、慎重に進みます。車窓のはるか眼下に、美し い棚田を見ながら、約30分後、ようやく大溝小学校に到着。道端には、ブーケンビリアの花束を手にした子供たちと学校の先生がずらりと並び、拍手で出迎え てくれました。


狭くて、石と土だらけの悪路を
慎重に、崖から落ちぬよう走ります
 

車窓からは思茅地区の特産である
プーアル茶の茶畑が度々見られました

ブーケンビリアは子供たちが自ら山で
摘んできてくれたものだそうです
 

1年生から4年生までの子供たちが
炎天下の中、待っていてくれました

「さあ、授業だよ!教室に戻って!」
先生の合図で一斉に駆け出す子供たち
 

倉庫のように小さくて狭い校舎
子供たちの大切な学び舎です


大溝小学校の校舎は、倉庫のように小さな平屋建ての二棟で、四つある教室では1〜4年生の児童113名が学んでいました。(5、6年生は、別の小学校に通うことになります)
教室は裸電球のみで、晴天にもかかわらず、薄暗い印象を受けました。雨天時には、視力に悪影響のある環境だろうと容易に想像できます。さらに心配されたの が、屋根の数箇所に空いた大きな穴です。雨天時には、屋根から水が侵入し、土を固めた地面は一面水浸しになります。それ以上に恐ろしいのは、屋根に雨の重 みがかかったことによる屋根瓦の落下や、校舎そのものの倒壊です。子供たちは危険と隣り合わせの状況で、それでもこの校舎で学ばなければなりません。


校舎に戻った子供たちが
教室で出迎えてくれました
 

屋根に空いた穴からは
光が差しこんでいます

校長先生、現地教育局と学校の状況に
ついて語り合う初鹿野理事長
 

ぼろぼろの教科書で一生懸命
勉強をする子供たち

子供たちの背後にある壁代わりの
仕切りは大きくたわんでいます
 

全員集合!小さな校庭に子供たちと
先生、視察参加者が集まりました


特に問題があると感じたのは、校舎から離れた場所にある宿舎でした。
宿舎は、農民の家を政府が買い取り、再利用したものだそうですが、寄宿生68名を収容するにはあまりに狭く、息苦しさを感じました。
屋根は一部が剥がれ、壁のブロックが外れている箇所もあります。窓にはガラスがなく、布やダンボールで補強しています。これでは雨をしのげません。板を並べただけの二段ベッドは、一部が天井の梁に接近し、身を起こすこともできない狭さでした。

そんな中、感心したのは、児童へ衛生概念の教育が行き届いている点です。
毛布はきちんと畳まれ、タオルも紐で吊るされ、整理整頓が行き渡っていました。たった5、6歳の子供たちですが、基本的な生活マナーを教えられ、自立した生活を送っているようです。


児童68名を収容している宿舎
左が女子寮、右が男子寮
 

男子寮の屋根裏には簡素なベッド
穴の開いた天井にはビニールが

一階は二段ベッドが設えられています
トタン屋根にでこぼこの土床です
 

ダンボールを無理やりはめ込んだ
ガラスのない窓


最後に、子供たちへ日本の会員、支援者の皆さまからお預かりした文房具やボールなどの遊具を、寄宿生へタオル、歯磨きセットなどを寄贈しました。「がんばって勉強してくださいね」との言葉に、恥ずかしそうに、それでもしっかりと「はい!」と答えてくれました。
ご寄贈いただいた近藤様、元中様、刈谷様、原沢様、沢田様、JR総連様、ありがとうございました。

またこの度の視察では、お忙しい中、北原茂実理事、小澤文穂顧問にもご同行いただき、大溝小学校の現状について、協会のこれからの支援や今後の活動について、真摯に、様々な意義あるご意見をいただきました。
協会としては、今後、ご意見を取り入れながら、何らかの形でこの学校を再訪問したいと考えています。


会員の峰尾さん、北原理事に手伝っていただき、支援者からの寄付を仕分け
 

文房具やボールの贈り物を、峰尾さん、小澤顧問から手渡します

日本漢字やキャラクターの描かれた
団扇にくすくす笑いが零れました

 

好奇心旺盛な子供たちと先生
会員峰尾さん、初鹿野理事長で


【視察参加者】
初鹿野恵蘭理事長、北原茂実理事、小澤文穂顧問、峰尾勝美さん、洋子さん、東京本部狩野
【現地パートナー】
雲南省帰国華僑聨合会、雲南省司法庁

お問合せはこちらから

copyright