NPO法人 日本・雲南聯誼協会

 

支援交流

 

nantokatwitter

公式ナビゲーション.....;http://twinavi.jp/

平田支部長雲南便り

クリックで協会ブログへ!volu
協会10周年記念誌「笑顔を君に」好評頒布中!

now loading

 

 

 

 

 

 

 

支援校

 

    昭通市の小学校調査候補地の視察

2006年8月19日、20日。東京事務局・七田と、昆明事務局・林が、雲南省北東部に位置する昭通市を訪問し、支援候補地である小学校「営盤小学校」「魚孔小学校」を視察しました。

営盤小学校
営盤小学校は山肌に面した立地で、平地がほとんどないため、児童は登下校のたびに山を降りたり下ったりしなければならず、一番遠い児童は往復8時間もかかるそうです。そのため寄宿生と通学生とでは、時間割も始業・終業時間も異なります。
現在、学校は100メートルほど下った鎮政府のある場所への引越を希望しています。ここに移動すれば運動場も作ることができ、登下校もだいぶ楽になる見通しです。

<<営盤小学校の状況 >>
民族 漢族 クリックすると大きな地図が見えます
所在地 昭通市大関県天星鎮
児童数 270人
教職員数 7人
 






児童たちも登下校のたび
この道を上り下りします

 

山の斜面に建つ小学校
登下校に不便な立地


教室の様子

 

引越し予定先の鎮政府がある場所


魚孔小学校
営盤小学校から車で1時間ほどの場所にある魚孔小学校。鉄道が通っていて、線路の脇の山を登ったところに学校がありました。
この小学校も営盤小学校と同じく引越しを希望していて、山の中腹の平原になっている場所に移動したいそうです。

<< 魚孔小学校の状況 >>
民族 漢族 クリックすると大きな地図が見えます
所在地 昭通市大関県天星鎮
児童数 235人
教職員数 10人
 








現地教育局の方の説明を受ける
昆明事務局スタッフ・林

 

教室の様子



黒板からは子供たちの元気な様子が
伝わってきます

 

学校のトイレの様子
不衛生で、窓がないため非常に暗い


運動場で遊ぶ子どもたち
 

子供や先生方と一緒に集合写真

お問合せはこちらから

copyright