NPO法人 日本・雲南聯誼協会

 

支援交流

 

nantokatwitter

公式ナビゲーション.....;http://twinavi.jp/

平田支部長雲南便り

クリックで協会ブログへ!volu
協会10周年記念誌「笑顔を君に」好評頒布中!

now loading

 

 

 

 

 

 

 

支援校

支援校

    第6校目「日中秋那桶僑心小学校」


地域基本データ
開校式
2005年8月9日
▲クリックすると、大きな地図がご覧いただけます。
旧校名
怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県丙中洛郷秋那桶村
所在地
丙中洛郷秋那桶村小学校
主要民族
トールン族ヌー族チベット族、リス族
雲南側出資額
156万円
日本側支援額
200万円
建設内容
校舎、トイレ、炊事場、グランド
建設資金協力
日本貨物鉄道労働組合(法人会員)
建設経費協力
会費・一般寄付金
現地パートナー
雲南省帰国華僑聯合会、貢山県教育局
※「秋那桶」は現地言語に漢語を当てているため「青那桶」と表記される場合もございます。

    旧校舎

丙中洛郷は怒江リス族自治州の最北端に位置し、東を迪慶チベット族自治州、北はチベット自治区と接し、雲南省で最も貧しい地域の一つに数えられています。
全郷には4つの村立小学校があり、そのうちのひとつが丙中洛郷秋那桶村小学校でした。1980年に建てられた木造の校舎は、1〜4年生が通学していた寄宿制小学校です。板の壁と石片の屋根で作られた校舎は、この地方の雨量や寒さに適さないもので、政府から危険家屋に指定され、早急な改築が必要とされていました。


    新校舎

今年2月〜3月の大雨大雪の被害により、一時は電気が通らなくなった時もあり、現地の子どもたちのことや建設中の校舎がとても心配されました。この被害の影響で4月から開校が延期になったものの、8月、無事にぴかぴかの新校舎が建設されました。
現在は4年制ですが、6つ教室がある新しい校舎ができたので今後6年制に拡大していきたいそうです。校舎の他に、運動場、花壇や炊事場も建設されました。


    開校までの流れ

建設状況視察   建設状況報告
2004年11月17日、六庫を出発した初鹿野理事長一行は一路、第6校目の建設が進む「丙中洛郷秋那桶村小学校」へ。


贈呈式   建設費贈呈式
2004年11月16日午後、怒江リス族自治州六庫にて当協会支援の第6、7校目小学校建設費贈呈式が行われました。


開校式典ツアー   開校式典ツアー
2005年8月9日、車の数に限りがあるため、参加者は先発組と後発組に別れて、第6校目日中秋那桶小学校へ出発しました。



    フォローアップ事業

2005年の建設以降も、当協会では秋那桶小学校に対しフォローアップ事業を実施しています。

事業内容
2009年
追跡調査



< 第5校目小学校へ

お問合せはこちらから

copyright