NPO法人 日本・雲南聯誼協会

 

支援交流

 

nantokatwitter

公式ナビゲーション.....;http://twinavi.jp/

平田支部長雲南便り

クリックで協会ブログへ!volu
協会10周年記念誌「笑顔を君に」好評頒布中!

 

 

now loading

 

 

 

 

 

 

 

支援校

支援校

    第11校目「白雲小学校」


基本データ
開校式
2007年5月20日
▲クリックすると、大きな地図がご覧いただけます。
旧校名
白雲小学校
所在地
紅河州ハニ族イ族自治州建水県岔科鎮白雲村
主要民族
イ族
雲南側出資額
300万円
日本側支援額
300万円
建設内容
学生・教員寮、校門、校舎
建設資金協力
一般財団法人天真会(協力者)
建設経費協力
会費・一般寄付金
現地パートナー
雲南省司法庁、雲南省僑務弁公室、建水県教育局
備考

青森県南部町立剣吉小学校とフレンドシップ交流中!

    旧校舎

100年前に建設された寺を利用していた旧校舎は、老朽化が激しく、現地政府と村人は「子どもの安全のため」と資金を集め、新校舎を建設しました。しかし寮の建設までは手が回らず、本末転倒なことに、倒壊寸前の旧校舎を寮として使いまわすことに。
子どもたちが危険な場所で生活をすることに何ら変わりはなく、その事実を現地に十分理解してもらった上で、協会による寮建設支援が決定しました。

ぼろぼろの旧校舎は現在、学生・教員寮として再利用されている
彫刻が美しい、まるで日本の寺院
のような学校の校門

    新校舎


2007年5月20日、倒壊の恐れがあった旧校舎を正式な宿舎として改築、また学校の、そして村のシンボルとも言えた立派な校門が、美しく特徴的な形を残したまま、頑丈なものへと造りなおされました。

安全で衛生的な新学生・教員宿舎
村の象徴でもある校門

    開校までの流れ

候補地の視察   学校視察
2006年2月15日〜22日の日程で、初鹿野惠蘭理事長と雲南支部二見が、雲南省に視察に赴きました。視察先は雲南省南部の思茅地区・紅河州建水県です。

開校式典ツアー   開校式典ツアー
2007年5月20日、晴れ。一行が雲南省に到着する前の1週間ほどは、白雲小学校周辺の地域は雨が絶えず気温もなかなか上がらなかったとのこと。そんなことが嘘のような晴れやかな青空が広がりました。


    フォローアップ事業


2007年の建設以降も、当協会では白雲小学校に対しフォローアップ事業を実施しています。

事業内容
2011年
2009年
2009-10年
JICA草の根技術協力事業「100万回の手洗いプロジェクト」
2008年
ボランティアによる出張授業開催
2007年
協会支援第11校目小学校として開校
追跡調査〜衛生プロジェクトの発案により、現地調査〜
< 第10校目小学校へ

お問合せはこちらから

copyright