NPO法人 日本・雲南聯誼協会

 

支援交流

 

nantokatwitter

公式ナビゲーション.....;http://twinavi.jp/

平田支部長雲南便り

クリックで協会ブログへ!volu
協会10周年記念誌「笑顔を君に」好評頒布中!

now loading

 

 

 

 

 

 

 

支援校

支援校

    第12校目「日中曼等郷菜戸イ族完全小学校」


基本データ
開校式
2009年2月竣工(開校式未開催)
▲クリックすると、大きな地図がご覧いただけます。
旧校名
菜戸小学校
所在地
プーアル市景東イ族自治県曼等郷
主要民族
イ族
雲南側出資額
1020万円
日本側支援額
300万円
建設内容
校舎、水道、厨房、寮、トイレ
建設資金協力
北原茂実さん(理事・会員)
建設経費協力
会費・一般寄付金
現地パートナー
雲南省司法庁

    旧校舎

プーアル市景東イ族自治県曼等郷にある小学校では、69人の子どもたちが勉強し、生活しています。その7割がイ族です。農民の協力で作られた校舎は泥壁と木で出来ています。壁は所々崩れ、木の骨が見えはじめています。
校内の中心には2メートル四方の貯水槽があり、雨水が貯められています。学校での生活にはこの水が使われるとのことです。
学生は自炊場で自分で自炊をしています。地面にブロックを2つ並べ、薪を燃やして自分の食事を用意するそうです。自炊場にはブロックの「かまど」が10個あり、部屋の中はすすで真っ黒でした。

支えがなければ
容易に倒壊してしまう校舎
子どもたちはこの自炊場で
自分で自炊をしている


    新校舎

2009年2月に校舎は完成、4月には子どもたちが元気に通学を始めました。豪雨によって道が遮断された影響で、まだ開校式は行われていません。現地パートナーの雲南省司法庁から道路の安全確認が取れ次第、開校式を行う予定です。

2009年2月に竣工を迎えた校舎
清潔なトイレ


    開校までの流れ

候補地の視察   学校視察
2006年2月15日〜22日の日程で、初鹿野惠蘭理事長と雲南支部二見が、雲南省に視察に赴きました。視察先は雲南省南部の思茅地区・紅河州建水県です。

建築現場視察   建築現場視察
第12校目小学校は、2007年6月、このツアーで開校を迎える予定でしたが、例年よりも早い雨季の訪れにより工事が遅れ、開校が延期となりました。

< 第11校目小学校へ

お問合せはこちらから

copyright