NPO法人 日本・雲南聯誼協会

 

支援交流

 

nantokatwitter

公式ナビゲーション.....;http://twinavi.jp/

平田支部長雲南便り

クリックで協会ブログへ!volu
協会10周年記念誌「笑顔を君に」好評頒布中!

now loading

 

 

 

 

 

 

 

支援校

支援校

    第14校目「日中阿央谷僑愛小学校」


基本データ
開校式
2007年6月14日
▲クリックすると、大きな地図がご覧いただけます。
旧校名
阿央谷小学校
所在地
迪慶チベット族自治州シャングリラ県小中甸鎮
主要民族
チベット族(蔵族)
雲南側出資額
150万円
日本側支援額
300万円
建設内容
校舎、総合楼、トイレ、塀、運動場、机・椅子
建設資金協力
日本財団アジア教育友好事業(助成金)
机・椅子:「机と椅子を届けよう募金」
建設経費協力
会費・一般寄付金
現地パートナー
雲南省帰国華僑聯合会、シャングリラ県教育局
備考

福井県勝山市立成器西小学校とフレンドシップ交流中!

    旧校舎

阿央谷小学校は1969年に設立、37年の歴史を持つ小学校です。1988年、国家は全国の危険校舎を排除するプロジェクトで、阿央谷小学校を修繕しましたが、資金不足と当時の建築技術の低さ、また長期間にわたり、高原の天候の悪影響を受けたことにより、現在144平米の校舎は雨漏りや屋根瓦の損傷、煉瓦の空洞化が進んでいます。数十メートルにわたり、土づくりの塀は歪んだり壊れたりしていました。

小さな校門には手書きで
小学校の名前が書かれている
歪みの見られる校舎は
倒壊の危険性がある

    新校舎

2007年6月14日、倒壊の恐れのあった校舎に代わって、子どもたちが安心して学べる頑丈な小学校が建設されました。また2006年の着工式の際には、岡山県倉敷市立玉島東中学校とフレンドシップ協定を締結しました。関連記事はこちらから。

チベット族の模様が描かれた
頑丈な校舎
清潔なトイレも作られました

    開校までの流れ

中国雲南省 着工式   着工式
2006年10月11日、シャングリラは朝からどしゃぶりの雨。気温も下がり、息が白くなるほどの陽気の中、当協会支援校第14校目「日中友好阿央谷僑愛小学校」の着工式が開催されました。

中国雲南省 開校式典
開校式典
2007年6月14日。当協会支援第13校目「日中友好共卓僑愛小学校」、第14校目「日中友好阿央谷僑愛小学校」の開校式が、雲南省シャングリラにて開催されました。


    フォローアップ事業

今後、当協会では日中阿央谷僑愛小学校への定期的なフォローアップ事業を実施してゆきます。また、これまでに日本の岡山県倉敷市玉島東中学校とフレンドシップ協定を結ぶなど、交流活動を行っています。

事業内容
2010年 追跡調査
2009年 日本財団による授業参観を実施
2007年

協会支援第14校目小学校として開校

< 第13校目小学校へ

お問合せはこちらから

copyright