NPO法人 日本・雲南聯誼協会

 

支援交流

 

nantokatwitter

公式ナビゲーション.....;http://twinavi.jp/

平田支部長雲南便り

クリックで協会ブログへ!volu
協会10周年記念誌「笑顔を君に」好評頒布中!

now loading

 

 

 

 

 

 

 

支援校

支援校

  第15校目「日中友好木杆林区僑心小学校」


基本データ
開校式
2007年8月21日
▲クリックすると、大きな地図がご覧いただけます。
旧校名
木杆林区小学校
所在地
昭通市大関県木杆鎮
主要民族
ミャオ族(苗族)
雲南側出資額
195万円
日本側支援額
300万円
建設内容
校舎、トイレ、グランド、寮、机・椅子
建設資金協力
西部ガス株式会社(法人会員)、四日市大学(法人会員)、暁高等学校・川越高等学校(募金活動)
机・椅子:「机と椅子を届けよう募金」
建設経費協力
会費・一般寄付金
現地パートナー
雲南省帰国華僑聯合会、大関県教育局

    旧校舎

小学校のある昭通市大関県は四川省に近い一帯で、2006年8月、スタッフによる現地調査の直後に発生したマグニチュード5.1の大地震によって、1500戸を越える家屋が倒壊、地震以前より「危険家屋」に指定されていた当校舎も半壊してしまいました。


    新校舎

2007年8月21日、前年の大地震により倒壊した校舎が、3階建ての頑丈な校舎となって、無事に開校を迎えました。



    開校までの流れ

中国雲南省 学校視察   学校視察
2006年8月19日、20日。東京本部七田と、雲南支部林が、雲南省北東部に位置する昭通市を訪問し、支援候補地である小学校「木杆林区小学校」を視察しました。

中国雲南省 建設状況報告   建設状況報告
昨年、当協会による支援が決定し、現在建設中の支援第15校目「日中友好木杆林区僑心小学校」(雲南省昭通市)から、建設状況の報告が届きました。


中国雲南省 建設状況報告   開校式典
2007年8月21日、雲南省北東部にある昭通市の大関県という地域に、新たな小学校が誕生しました。協会支援としては第15校目にあたる…



< 第14校目小学校へ

お問合せはこちらから

copyright