NPO法人 日本・雲南聯誼協会

 

支援交流

 

nantokatwitter

公式ナビゲーション.....;http://twinavi.jp/

平田支部長雲南便り

クリックで協会ブログへ!volu
協会10周年記念誌「笑顔を君に」好評頒布中!

now loading

 

 

 

 

 

 

 

支援校

支援校

    第17校目「茂頂小学校『日中友好望峰教学楼』」

基本データ
開校式
2008年5月30日
▲クリックすると、大きな地図がご覧いただけます。
旧校名
迪慶チベット族自治州徳欽県羊ラ郷茂頂村
所在地
茂頂小学校
主要民族
チベット族(蔵族)
雲南側出資額
30万円
日本側支援額
240万円
建設内容
校舎、備品(机と椅子)
建設資金協力
校舎:峰尾勝美さん(会員)
机と椅子:佐藤福久さん(会員)
建設経費協力
峰尾勝美さん
会費・一般寄付金
現地パートナー
シャングリラ県僑務弁公室、県教育局

    旧校舎

茂頂小学校は1959年創立の、寄宿制の完全小学校(6年制)です。現在の校舎は1969年に建設されましたが、長い年月を経て、土造り校舎はすでに倒壊しはじめ、1998年には政府から「危険家屋」に指定され、現在では使用を取りやめています。それにより教室数が圧倒的に不足し、学齢児童の受け入れができず、使用を禁止された校舎の改築が急がれていました。

学校を取り巻く殺伐とした風景
現在は使用されていない校舎


    新校舎

危険家屋に指定されていた校舎は、倒壊の恐れのない校舎へと生まれかわりました。すでにある2棟の教室楼に、この1棟が加わったことにより、今まで遠い分校に通っていた児童も、本校で他の児童と一緒に勉強できるようになりました。
新しい教室楼には、「日中友好望峰教学楼」という名前がつけられました。

新しい校舎の壁には、日本の支援に対する感謝碑が埋めこまれました
新学期が始まったら子どもたちは
この机と椅子を使って勉強します


    開校までの流れ

学校視察   学校視察
2006年8月15、16日。東京本部七田と、雲南支部林が、雲南省北西部に位置する迪慶チベット族自治州を訪問し、支援候補地である「茂頂小学校」を視察してきました…


  開校式典
2008年5月30日、雲南省北西部の迪慶チベット族自治州、茂頂小学校に 新たな教室棟が誕生しました。



< 第16校目小学校へ

お問合せはこちらから

copyright