NPO法人 日本・雲南聯誼協会

 

支援交流

 

nantokatwitter

公式ナビゲーション.....;http://twinavi.jp/

平田支部長雲南便り

クリックで協会ブログへ!volu
協会10周年記念誌「笑顔を君に」好評頒布中!

now loading

 

 

 

 

 

 

 

支援校

支援校

    第19校目「老木壩小学校」

基本データ
開校式
2009年4月18日

▲クリックすると、大きな地図がご覧いただけます。
旧校名
現校名に同じ
所在地
楚雄イ族自治州武定県插甸郷老木壩村
主要民族
イ族、リス族
雲南側出資額
590万円
日本側支援額
364万円(内、64万円は机・椅子・ベッド代)
建設内容
校舎、机・椅子・寮用ベッド
建設資金協力
校舎:三木秀隆さん(会員)
机・椅子・寮用ベッド:東京たまがわロータリークラブ(協力者)
建設経費協力
三木秀隆さん、会費・一般寄付金
現地パートナー
雲南省僑務弁公室、雲南省商務庁、武定県僑務弁公室、武定県教育局
備考

東京都狛江市立和泉小学校とフレンドシップ交流中!

    旧校舎

武定県插甸郷は昆明市の北北西に位置し、昆明市か80キロ。老木壩村は貧困、民族、宗教、寒冷の4つの特徴を持つ山岳村です。
老木壩小学校はこの老木壩村委員会で唯一の完全小学校舎(1〜6年生までの全ての児童が通っている学校)で、クラスは6つあり、124名の児童が学んでいます。寄宿生は86名おり、全員リス族とイ族です。

この学校は、1994年に現在の場所に移転し、校門、囲い塀、トイレ、運動場を改修し、学校環境の条件は大きく改善しましたが、1995年と2000年に起きた2つの地震により、校舎が国家D級の危険建築物に指定され、生徒と教師たちは危険と隣りあわせで勉強しています。

地震により破損した天井
薄暗い教室の中で勉強する子どもたち

    新校舎

立て続けに起こった2度の地震によって、危険家屋に指定されていた校舎は、コンクリートの頑丈な校舎へと建て替えられました。また校舎だけでなく、教室の備品として椅子と机、寮のベッドも寄贈されました。

新しくなった教室で
子どもたちが色塗り
綾部ローターアクトクラブより翻訳付きの日本の絵本が寄贈


    開校までの流れ

  学校視察
2008年1月と4月に、東京たまがわロータリークラブの皆さん、東京本部、雲南支部スタッフが、楚雄イ族自治州武定県插甸郷老木壩村を訪問し、支援候補地である「老木壩小学校」を視察してきました…

  建設状況
昨年支援が決定し、現在建設中の支援第19校目「老木壩小学校」から、建設状況の報告が届きました…


  開校式典
2009年4月18日に開校式が行われました。この学校には、イ族、リス族の生徒124人が学んでいます…




    フォローアップ事業

今後、当協会で老木壩小学校への定期的なフォローアップ事業を実施してゆきます。

事業内容
2009年
学生サークル「笑-xiao-」が運動会を開催
< 第18校目小学校へ

お問合せはこちらから

copyright