NPO法人 日本・雲南聯誼協会

 

支援交流

 

nantokatwitter

公式ナビゲーション.....;http://twinavi.jp/

平田支部長雲南便り

クリックで協会ブログへ!volu
協会10周年記念誌「笑顔を君に」好評頒布中!

now loading

 

 

 

 

 

 

 

支援校

支援校

    第21校目「日中友好尋甸老村僑心小学校」
中国雲南省
基本データ
開校式
2010年5月23日 中国雲南省
▲クリックすると、大きな地図がご覧いただけます。
旧校名
老村小学校
所在地
昆明市尋甸回族彝族自治県甸沙郷老村村
主要民族
イ族、漢族
雲南側出資額
500万円
日本側支援額
350万円
建設内容
校舎、シャワー室(児童用)
建設資金協力
國武豊喜さん(会員)、蒲池真澄さん(協力者)、九州電力株式会社(協力者)
会費・一般寄付金
建設経費協力
國武豊喜さん、蒲池真澄さん、九州電力株式会社
会費・一般寄付金
現地パートナー
昆明市一国華僑聯合会、尋甸回族彝族自治県(県委)僑務弁公室、尋甸県甸沙郷人民政府

    旧校舎

甸沙郷老村村は、甸沙郷西部のもっとも辺鄙な場所にあります。農業世帯が393戸、人口1607人。漢族、イ族の生活地域で、全村人口の41%をイ族が占めています。農民の平均収入は807元(約1万2千円)で、貧困人口比率が非常に高い地域です。
校舎は煉瓦・木材構造。1996年に実施された「6年制小学校普及運動」のさなか、急ごしらえに建設されたものです。村人の大変な努力によって建材が集められましたが、当時の建築レベルが低かった上に、長年修繕を施されていなかったことから、損壊がひどく、学校の安全管理上大きな脅威となっていました。それは正常な教育活動に支障をきたすほどで、学習進度も大きく遅れていました。

危険な教室
屋根がたわみ、窓ガラスの割れた教室で懸命に勉強する子どもたち
整理の行き届いた寮
一見何の問題もなく見えるほどです

    新校舎

2010年5月、丈夫な鉄筋コンクリート製の2階建て校舎に生まれ変わりました。建築面積は324平米、うち4.5平米のシャワー室も備えられ、子どもたちは安全で清潔な学校生活を送れるようになりました。


新校舎
勉強する子どもたち
2階建ての新校舎
真新しい教室で勉強もはかどります

    開校までの流れ

  学校視察
2009年4月22日(水)に、 雲南省政府の要望を受けて、次の支援候補地を視察するため、臨滄市双江ラフ族ワ族ブーラン族タイ族自治県「布京小学校」と昆明市尋甸回族彝族自治県「老村小学校」を訪問しました。

 
開校式典
2010年5月23日、雲南省昆明市尋甸回族イ族自治県にある当協会支援第21校目「老村小学校」の開校式が行われました。この学校では、教師8名のもと、イ族と漢族の児童146名が学んでいます。
< 第20校目小学校へ

お問合せはこちらから

copyright