NPO法人 日本・雲南聯誼協会

 

��吂困羌�

 

nantokatwitter

蚊若激с....;http://twinavi.jp/

綛括�井�����潔�峨��箴帥��

���������у��篌������違�醐�volu
��篌�鐚�鐚���拘荐�綽笈���膃�蕁���������絅処���絽�筝��

now loading

 

 

 

 

 

 

 

ふれあい旅

開校式ふれあいの旅

2007年05月20日

第11校目「白雲小学校」開校式

第11校目「白雲小学校」開校式

2007年5月20日、晴れ。一行が雲南省に到着する前の1週間ほどは、白雲小学校周辺の地域は雨が絶えず気温もなかなか上がらなかったとのこと。そんなことが嘘のような晴れやかな青空が広がりました。


開校式を終え、全員で記念撮影
中庭に集まった子どもたち
たくさんの人を前に、少しそわそわと緊張気味です


白雲小学校のある村は、昆明市から高速道路を南へ3時間半ほど行った、建水県という地域に属します。村は、土を固めて作った家が立ち並び、水牛や鶏がそ の路地を行き交います。その赤茶けた村の中に、ひときわ目を引く立派なお寺のような門が見えました。これが白雲小学校の新しい校門。協力者の一般財団法人 天真会からの資金協力を得て、当協会が校門の修復、宿舎改築を行いました。

村の入り口から、村人や子どもたちが出迎えてくれました
「歓迎光臨!歓迎光臨!」
拍手とともに、
歓迎の声に包まれて
学校を目指す一行
以前の美しく特徴的な形を残したまま修繕された立派な校門


昨年、初鹿野理事長がこの学校を視察で訪れた際、以前お寺として使われていたこの学校の門は取り壊す計画でした。しかし、この素晴らしい伝統の門を壊さないよう初鹿野理事長が強く要請し、結果、このような独特の立派な校門が出来上がったというわけです。
門の前ではおそろいのジャージを来た子どもたちが一生懸命手をたたいて日本からのお客さんをお迎えしてくれます。


開校式が行なわれた校庭の周りには、村人たちが詰め掛けました
屋根の上にまで乗って、式典の様子を見守りました
校庭の前に集まった
200余名の全校生徒
会員の皆さまからのご寄付で集められた鉛筆を手に、式典に参加します


開校式では、初鹿野理事長、そして支援者である一般財団法人天真会の青木宏之理事長からご挨拶がありました。青木さんは、日本と中国の交流の歴史の長 さ、漢字が日中双方で影響しあってできていることなどを述べられ、子どもたちも真剣に話しに聞き入っていました。日本という国を意識したのは初めてだった のではないでしょうか。
また、児童代表の挨拶では、文章を読むかわいらしい姿に日本側の参加者の緊張も和らぎました。

初鹿野理事長からご挨拶
子どもたちに思いを伝えます
一般財団法人天真会
青木宏之理事長からのご挨拶
微笑ましい児童代表の挨拶
参加者の緊張した心も和みました
大きな感謝状が建水県岔科鎮
人民政府から贈られました
校門に掛けられた額には
「白雲小学」の立派な文字
校舎から見下ろすと、緑の山々が村を囲っているのが見えます


この日は、日本人がやってくるということでこの地域全体が休日となり、まるでお正月のような盛り上がりとなりました。日本人を見るために、隣の山から2時間以上かけて来た、というおばあちゃんもいました。
また、離れた町からは、お祭りの時の出店のような果物や乾物の店がならび、村を賑わせていました。

学校に通う子どもたち
今日はいっぱい緊張しました
開校式を終えて、学校中で昼食会
美味しい料理が用意されました
赤ちゃんを背負ったお父さんも、村に住むお母さんもみんな笑顔満面
「ありがとう!」とお母さんが追いかけてきて手を握ってくれました
生まれ変わった校門の前に腰かけ
一行を見送る村のおじさん


午後からの子どもたちの家庭訪問では、貧しいながらも懸命に生きる村人たちの姿が見受けられました。そして皆、共通してとても明るく、笑顔を浮かべなが ら「食べて、食べて!」と手にいっぱいの向日葵の種を振舞ってくれ、参加者たちは、その優しさに大きく心を打たれたようです。

今回訪問を通して目にしたこの村の中で、一番立派なのは学校でした。村には公共トイレが1つあるだけで、学校の中にさえトイレはありません。子どもたち の家は本当に簡素で、衛生状態が悪く、初鹿野理事長は雲南省の出身ですが、この村の状況には初めて視察に来たとき、言葉を失ったそうです。

午後からは子どもたちの家庭訪問に向かいました
学校に通う元気いっぱいの女の子が案内をしてくれました
土色をした村の様子

村の周辺にある山から片道2時間かけて学校に通う子どもたち
道端では優しい笑顔をした村のお母さんたちが迎えてくれました
果物持ってきな!と果物をくれたのは破れた麦藁帽の陽気なおじさん
古い村と新しく出来たばかりの校舎
校舎が村一番の近代的な建物です
子どもたちが暮らす家屋の内部
家畜と同じ場所で暮らしています


家は、人と家畜の牛が同じ部屋に同居するような作りになっており、この村の衛生状態が心配されます。トイレなどの状況や人々の衛生管理意識も含め、今後 の改善の余地があり、どんな形で衛生状況の改善に協力ができるのか、協会にとっても新たな課題を発見できた開校式となりました。

中国華僑聨合会より、協会の活動に対しての栄誉証書が贈られました。これからも協会は、白雲小学校へのフォローアップを継続的に続けてゆきます

お問合せはこちらから

copyright