NPO法人 日本・雲南聯誼協会

 

��吂困羌�

 

nantokatwitter

蚊若激с....;http://twinavi.jp/

綛括�井�����潔�峨��箴帥��

���������у��篌������違�醐�volu
��篌�鐚�鐚���拘荐�綽笈���膃�蕁���������絅処���絽�筝��

now loading

 

 

 

 

 

 

 

ふれあい旅

開校式ふれあいの旅

2007年06月14日

第13校目「日中友好共卓僑愛小学校」開校式

第14校目「日中友好阿央谷僑愛小学校」開校式

第13校目「日中友好共卓僑愛小学校」
第14校目「日中友好阿央谷僑愛小学校」合同開校式

中国雲南省 教育支援

2007年6月14日。協会支援第13校目「日中友好共卓僑愛小学校」、第14校目「日中友好阿央谷僑愛小学校」の合同開校式が、雲南省迪慶チベット族自治州シャングリラ県にて開催されました。
日本側から開校式に参加したのは会員・協力者の33名。参加者は、日本から持参したおそろいの真っ赤な「はっぴ」を羽織り、大名行列のように登場。その 様子に、子どもや先生、親御さんたちは一瞬びっくりしたような顔を見せましたが、やがて笑顔に変わり、続いて拍手と合唱が始まり、私たちを温かく出迎えて くれました。

式典の会場は学校の周りに広がる草原。着席した一行を、初鹿野理事長が一人ひとり紹介します。皆さんは各々手を振ったり、お辞儀をしたり。その度に会場から「わぁっ」と歓声があがりました。


日本のはっぴを羽織った
日本からの開校式参列者
チベット族の歓迎の証である白い「ハタ」が贈られました
とびきりの一張羅を着た、両校のチベット族の子どもたちがお出迎え
開校式には子ども、村の人やお父さん、お母さんも集まりました
日中友好共卓僑愛小学校の横手に
設営された開校式場に全員着席
式典の様子を村人たちが
笑顔で見守ります

今回の建設資金の援助をくださった日本財団の大野修一常務理事、アジア教育友好協会の谷川洋理事長、そして日本側参加者を代表して歌川令三さんより、それぞれご挨拶がありました。
大野常務は6年前、当時日本財団常務理事を退職したばかりの歌川さんからの紹介で当協会の初鹿野理事長と出会いました。いつの日か日本財団の支援で雲南 省に学校を建設し、その開校式席上で通訳なしのスピーチをすることを夢見て、中国語の勉強に励んでこられました。そしてこの日、開校式上では村人たちも驚 くような流暢な中国語でのスピーチを披露してくださいました。
(※大野常務と初鹿野理事長との出会いのエピソードも含めたスピーチはこちらからご覧いただけます)

初鹿野理事長からは、協会を代表しての挨拶、シャングリラへの思いや、学校で学ぶ子どもたちへの呼びかけをしました。
「勉強をがんばってくださいね!」の言葉に子どもたちは一斉に「是!(はい!)」と元気な返事をくれました。


日本財団大野修一常務理事が
中国語でスピーチを行ないました
「勉強をがんばってくださいね!」
協会を代表し、初鹿野恵蘭理事長から
北原茂実協会理事、歌川令三さんから参列者を代表してのご挨拶
皆さんのご協力なくして、協会の活動は成り立ちません
協会の活動にいつも多大なご協力を寄せて下さっている雲南省華僑弁公室・楊光明主任のご挨拶
児童代表から、開校のお祝いの言葉
緊張しながらも
一生懸命にスピーチをしました

今回の開校式では、日本側からとっておきのプレゼントを贈りました。それは、日本伝統の舞踊である「炭鉱節」。
この企画はアジア教育友好協会の佐藤佳子チーフからの「なにか思い出に残る交流、日本文化のプレゼントをしたいね」という一言からはじまったものでした。
はっぴは、今回の旅行の副団長である小澤文穂顧問が、地元の町内会から借りてきてくださいました。また、うちわはJR総連(法人会員)の伊藤明男さんの ご協力で調達されました。そして旅行中には、ホテルでの全員練習のスケジュールも組み、現地の子どもたちや村人を喜ばせたいと思いをひとつに、皆で一緒に 頑張りました。

さて、「炭鉱節」の音楽が流れると学校の児童たちもいつの間にか輪に加わっていました。それは、日本人とシャングリラの子どもたちが踊りを通して心と心が通い合った瞬間でした。

アジア教育友好協会谷川洋理事長から日本のフレンドシップ校から贈り物
子どもたちから
歓迎のチベット族の踊り
日本側からは、全員で事前に練習した「炭坑節」を披露
児童、先生、村人も参加して、言語の違いを越えた心の交流となりました

シャングリラに新たに誕生した支援校2校は、今後日本側のフレンドシップ校との交流を深め、子どもたちは日本の文化についても学びます。
子どもたちは「炭鉱節」を見て、日本の踊りやお祭りにとても興味を持っていました。ある男の子は「チベットの踊りと似ているね」と話してくれました。将 来、この学び舎を巣立つ時、子どもたちはどれだけの成長をしているのか、今からそれがとても楽しみになる、そんな開校式でした。

第13校目小学校開校
新しく完成した門の前で
第14校目小学校開校
校名に掛けられた布が払われました
日本側参列者の手で、両校の校庭に友好の記念樹が植えられました
子どもたちへ文房具や
お菓子のプレゼント
「僕の名前は、日本語でこう書くんだよ!」
子どもたちの名前をカタカナにして書いた名札を贈りました
これからピカピカの学校で、子どもたちの新しい学校生活が始まります
「また来てね!」と、いつまでも子どもたちと村人が見送ってくれました

今回も雲南省側の大きなご協力があり、開校式を無事に終えることができました。そして、特に学校建設に当たり当協会のパートナーとして大いに力を発揮してくださいました現地機関の皆様、ここに感謝の意を込めて以下お名前を記したいと思います。

雲南省華僑弁公室 主任・楊光明/処長・張鵬
香格里拉県華僑弁公室 主任・李雪英


左から、現地の郷長(日本で言う町長)、雲南省僑務弁公室楊光明主任、
初鹿野恵蘭理事長、北原茂実理事、僑務弁公室・張鵬処長



開校式の写真はまだまだ盛り沢山!
引き続き「開校式その2」を
どうぞお楽しみください




>> 第13校目「日中友好共卓僑愛小学校」詳細へ
>> 第14校目「日中友好阿央谷僑愛小学校」詳細へ


お問合せはこちらから

copyright