NPO法人 日本・雲南聯誼協会

 

��吂困羌�

 

nantokatwitter

蚊若激с....;http://twinavi.jp/

綛括�井�����潔�峨��箴帥��

���������у��篌������違�醐�volu
��篌�鐚�鐚���拘荐�綽笈���膃�蕁���������絅処���絽�筝��

now loading

 

 

 

 

 

 

 

フォローアップ写真

フォローアップ事業

第10校目「日中高安治僑心小学校」追跡調査

    第10校目「日中高安治僑心小学校」追跡調査


2007年11月19日、樋口忠治顧問、株式会社アネムホールディングス常務取締役の北川雅洋さん(法人会員)、雲南支部林が、支援第10校目「日中高安治僑心小学校」の追跡調査を実施しました。

日中高安治僑心小学校は、2006年10月に開校式を迎えましたが、悪天候などの理由から工期が遅れ、開校式の時点でまだ校舎の内装、校門等が未完成の 状態でした。その後、現地より校舎完成の報告を受けて、この日、実際の状況を確認するための追跡調査が行なわれました。

一年ぶりとなる高安村訪問
村には土レンガの家屋が並ぶ
青空に映える白壁の校舎。昨年はぼろぼろだった校門が新しくなっています
ナシ族の民族衣装を着た
子どもたちが出迎えてくれました


麗江華僑聯合会秘書長子発貴さん出迎えのもと、最寄の都市「麗江」から、車で走ること約1時間40分。すでに報告を受けていた、当校の楊国偉校長が、子供たちと一緒に、真っ白な校舎を背にして、グラウンドで出迎えてくれました。 開校式の時にはまだ未完成だったグラウンドと塀が、とてもきれいに生まれ変わっています。印象的だったのは、グラウンドのあちこちには植物を植えられていたこと。この時期、花はあまり見られませんが、春頃になるとさぞ美しい校庭に変わるでしょう。
トイレ環境もよく、定期的に溜まった糞尿を除去していることが伺えます。

最後に樋口顧問から、ボールのプレゼントを校長先生に渡し、記念写真を全員で撮影して、学校を後にしました。
今後も当協会では、フォローアップ事業として、高安治小学校の追跡調査を行なってゆく予定です。(雲南支部)

ちょっと緊張した様子の子どもたちと
一緒に、樋口顧問と北川さん
立派な校舎の前には
緑の植えられた花壇
「ようこそ、ぼくたちの小学校へ!」
元気いっぱいの子どもたち
一生懸命勉強中の子どもたち
邪魔をしないようこっそり教室訪問
暗かった旧校舎の教室から一転、大きな窓からは穏やかな日差しが
中国語の発音の勉強中のようです
小さな先生がんばれ!
校舎の2階から見た校庭の様子
今はまだ冬の装い 春が楽しみですね
校門の前で学校の先生方と
樋口顧問、北川さんで記念撮影


【写真提供】
掲載写真の一部は、樋口忠治顧問よりご提供いただきました。


お問合せはこちらから

copyright