NPO法人 日本・雲南聯誼協会

 

��吂困羌�

 

nantokatwitter

蚊若激с....;http://twinavi.jp/

綛括�井�����潔�峨��箴帥��

���������у��篌������違�醐�volu
��篌�鐚�鐚���拘荐�綽笈���膃�蕁���������絅処���絽�筝��

now loading

 

 

 

 

 

 

 

フォローアップ写真

フォローアップ事業

第14校目「日中友好阿央谷僑愛小学校」追跡調査

    第14校目「日中友好阿央谷僑愛小学校」追跡調査

2009年3月12日、日本財団が支援をしてくだっている、当協会支援第14校目「日中友好阿央谷僑愛小学校」を視察しました。参加者は雲南支部林と日本財団一行5名です。

3月は季節の変わり目で、天候が変わりやすいので、フライト時刻が変更となりました。シャングリラに着いたのはお昼の12時半頃。簡単に昼食を済ませ、迎えに来た廸慶州人民政府僑務弁公室・李雪英主任と共に、小学校がある小中甸鎮へ向いました。

小雪が舞って冷たい風が吹く中、1時間ほど掛かって小学校へ到着しました。李主任の他、小中甸鎮長、副鎮長、中心学校校長が同行しました。学校には日本 からお客さんが来たと聞いた村の住民たちも集まっていました。校門ではチベットの民族衣裳を着た生徒や先生たちが出迎え、私たちをカター(白いスカーフ) とお酒で祝福してくれました。

来訪者の首にカターを掛けてまわる
チベット族の子どもたち

村の住民たちも色とりどりな
カターを掛けて、やって来ました


校舎に入ると、早速子どもたちにいろいろと質問しました。この学校は現在1〜3年生、16人の生徒がおり、先生は校長を含めて2人。子どもたちは全員村の子どもで寄宿生はいません。

民族衣裳を身にまとっての授業参観
支援者、生徒、親であふれる教室
窓の外にも人影が

日本財団の皆さんは日本から持ってきた文房具のお土産を、子どもたち一人ひとりに手渡し、外で見守る親たちは、喜びに笑顔が絶えませんでした。プレゼン トを配り終えてから、校長は参観授業を行いました。前もって準備なさっていたようで、とても人を惹きつける授業でした。授業後に集合写真を撮り、学校を後 にしました。
日本財団の方より
文房具を受け取る生徒
授業参観後に集合写真
カラフルな民族衣裳が鮮やかです

続いて訪問したのは、息子(小3)と娘(小1)がいる、村では少し貧しい家庭です。現在は新しい住宅を建設中なので、家族はみな仮設の小屋で生活してい ました。建設は親戚が人手を出し合い、協力して作業をしているそうです。

ぬかるんだ道を歩いて、生徒の家へ
現在建設中の住宅

新しい家が早くできるといいですね。
今回の調査に同行してくださった日本財団のみなさまに感謝申しあげます。

【視察参加者】雲南支部・林娜、日本財団一行
【現地協力者】李雪英主任、小中甸鎮長、副鎮長、中心学校校長

お問合せはこちらから

copyright