NPO法人 日本・雲南聯誼協会

入れ替え写真



宮城県長瀞小学校6年生の皆さんから手紙が届きました!


2011年7月20日、プロジェクト第2弾として宮城県亘理町の長瀞小学校を訪問し、支援金と雲南の子どもたちのメッセージをお届けしたのは既にご報告した通り。この度、その長瀞小学校の6年生29名の皆さんから、協会へ心温まるお手紙が届きました。

 お手紙によると、雲南や日本の皆さんからの支援金は、学習発表会で使う道具や楽器の購入に当てられたようです。学習発表会は大成功だったということで、本当に何よりです。本来ならば全ての手紙をご紹介したいところですが、スペースの都合で一部のみをご紹介したいと思います。

長瀞小学校からの手紙 長瀞小学校からの手紙
10月31日、長瀞小から1冊の冊子が届きました。中には29名の6年生の皆さんのメッセージが!
「謝謝」の言葉とともに、思い思いに塗られた29枚のメッセージが綴じられていました


★先日は義援金をきふしていただきありがとうございました。きふして頂いた義援金は学習発表会の楽器などに使わせていただきました。ぼくたちはみなさんの支援で元気になりました。ありがとうございました。

★先日は義援金を寄付していただきありがとうございました。ぼくたちは、とても明るく元気な言葉にとたもはげまされました。ありがとうございました。

★先日は遠い所お越しいただきありがとうございました。もらった義援金は、学習発表会などに使わせていただきました。メッセージはみなさんの気持ちがつたわってきました。みなさんの支援で元気になりました。ありがとうございます。

★わざわざ遠いところから来てくださってありがとうございました。義援金は学習発表会で使う道具に使わせてもらいました。おかげですばらしい学習発表会を終わることができました。手紙は、元気をもらう、すてきな文章でした。ぼくたちは支援していただき助かりました。ありがとうございました。

★この度は温かいメッセージと義援金をいただきありがとうございました。みなさまからいただきたメッセージを読ませていただきました。応援してくれている人がいるんだな、と思う内容でした。ありがとうございました。

★みなさんから支援していただいた義援金は、わたしたち六年生最後の学習発表会での必要品に使わせていただきました。おかげで学習発表会は大成功でした。みなさんからのメッセージも読みました。元気が出てきました。あ りがとうございました。


 なお、11月8日〜21日の日程で出張の初鹿野理事長が、手紙の冊子を雲南の皆さんにお見せする予定です。長瀞小の皆さん、復興や勉強で忙しい中、本当にありがとうございました!

戻る >>>



copyright